シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リジンゴールドプレミアムシャンプー
(リジンゴールド
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

リジンゴールドプレミアムシャンプー

リジンゴールド


リジンゴールドプレミアムシャンプー のオススメレベル

リジンゴールドプレミアムシャンプー の解析結果

うーん


宣伝文の自信みなぎる雰囲気や、商品名のゴージャス感に関しては他を圧倒するオーラを放ちますが、
全成分を見てみると若干肩透かし感が否めない。

いや、悪くは決して無いのだが、一級品のそれとは明らかに何かが違う。
例えば、ココイルグルタミン酸TEAはいいとして、2番めにオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという強力な泡立ち&洗浄力補助剤を入れているあたりは、どこにでもある並のシャンプーの手口。
添加成分に目を移してみても、ビワ、ハトムギエキス、ニンジンエキスあたりは代謝や血行を促進するといわれているものの、このシャンプーの中でどれだけ活躍できるかといえば、微妙。
商品名にもなっているリジンはアミノ酸の一種であるが、ちょっとした保湿作用以外に何を期待しているのか不明。

こうして見てみると、4000円レベルのシャンプーとしては説得力が弱く、かつ宣伝文にあるような「最高の結果」「最高の日本製品」という部分に共鳴することができかねます。


[PR]

リジンゴールドプレミアムシャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、リシンHCL、オタネニンジン根エキス、センブリエキス、ビワ葉エキス、加水分解ハトムギ種子、ポリクオタニウム-10、塩化Na、メントール、クエン酸、BG、エチドロン酸4Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、安息香酸Na、黄203、橙205、香料

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
リシンHClはほとんどのたんぱく質の構成アミノ酸の1つとして存在。保湿効果。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
メントールの清涼作用。

    リジンゴールドプレミアムシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2

  • 容量/800ml
  • 価格/3980円
  • 1mlあたり/4.98円

リジンゴールドプレミアムシャンプー の宣伝文,商品説明:

日々、直接触れるシャンプーの選択を間違えてほしくありません。
直接触れる部分だけに、間違った選択は計画を壊しかねないのです。
泡となったやさしい雲があなたの頭皮を包み守る!
艶やかよみがえる・・
潤い輝く・・
最高の結果は
最高の日本製品から

[PR]
リジンゴールドプレミアムシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム