シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキ シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキ

ビーバイイー

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキ シャンプー解析ドットコム

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:△
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり3.7円
(rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキ)550ml/1942円

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキの解析結果

市販品としてはマイルドな作りとなっていて、
先頭がコカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEAを挟んでアミノ酸系のココイルメチルタウリンNa。
ここまではとても低刺激、赤ちゃん用シャンプーといってもいいくらいです。

ただ次のラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNaは高い洗浄力と、刺激性を有する半アミノ酸系洗浄剤。
ポリクオタニウム-7は泡立ちをきめ細かくする効果。

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルは高い乳化作用でクレンジングにも使われる成分。
ベースの後半だけを見るとわりと刺激的できっちり汚れや皮脂を奪い取る面が見受けられます。

総じて見ると、バランスがとれている(洗浄力、低刺激、泡立ち、さっぱり感など)と見ることもできますが、

使用感の少しシットリ感が残る感触に比べると、結構脱脂する向きがありますので
ついついたくさん使ってしまったり、濯ぎ残しをすると頭皮に刺激を感じる系です。

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルは防腐剤ですが、刺激性を考慮したもの。

血行促進のウンシュウミカンエキス、他、抗酸化エキスや保湿エキス配合しています。

名称にあるように、ローズエキス、ツバキ油が中盤に配合されています。

これらは、濯いだあとも髪に残ってシットリ感を付与し、保湿作用。

まとめますと、

市販品としては悪くない出来だと言えます。

低刺激性は一般的なものより確保されている印象ですし、

洗浄力と、ダメージ毛保護といったバランスの良さもそこそこ悪くありません。

無駄な皮膜を落とせる性質も髪のコンディションアップに寄与する可能性があります。

ただ、値段もそれなりにしますので、
欲をいえばもっと低刺激にも出来たろうし、もしくは機能性を高めることも出来たのでは?とも思います。

さっぱりさらっとするシャンプーですが、それ以外に目立った機能がないのも事実で、
もうひと超えしてほしい部分もあります。

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキの宣伝文,商品説明:

国産天然成分を使用した、頭皮をケアする島根県産ローズと長崎県産ツバキの香りのノンシリコンシャンプーです。

rinRen(凜恋) シャンプー ローズ&ツバキの全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa、ポリクオタニウム ‐7、ポリクオタニウム‐10、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ノバラ油、ツバキ花エキス、ツバ キ油、ウンシュウミカン果皮エキス、チャ葉エキス、キュウリ果実エキス、ユキノシタエキス、スサビノリエキス、ヘチマエキス、ニオイテンジクアオイ油、ラ イム油、ラベンダー油、BG、エチドロン酸、エチドロン酸4Na、エタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリ ン、フェノキシエタノール