シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リクイール バランシングシャンプー N
(カネボウ化粧品
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

リクイール バランシングシャンプー N

カネボウ化粧品


リクイール バランシングシャンプー N のオススメレベル

リクイール バランシングシャンプー N の解析結果

ラウレス硫酸Naベースにしては悪くない組み立て


一見、残念なシャンプーの1つに過ぎないのでは?と思わせる作りですが、
ラウレス硫酸Naとともに配合されている洗浄剤が悪くない。
例えば、酸性石鹸、両性界面活性剤のココアンホ酢酸Naは刺激を好ましく緩和するし、
ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンはカラー毛の褪色を抑えるような過度な洗浄性のブレーキになり得る。


ラウレス硫酸Naシャンプーとしては、そう思わせないほどデメリットが緩和されているタイプといえるでしょう。
添加剤も地味に好感を持てる素材がちらほら。
欲を言えば、そもそもラウレス硫酸Naを使う必要があったのか、と思えなくもないが、
使用感に関しては良いものといえます。


[PR]

リクイール バランシングシャンプー N の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、ココアンホ酢酸Na、DPG、ジステアリン酸グリコール、ラウラミドMIPA、香料、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、クエン酸、EDTA-2Na、ポリクオタニウム-10、コロハヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、BG、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー、エタノール、ポリクオタニウム-7、EDTA-3Na、水酸化Na、ホホバ葉エキス、スギナエキス、アボカドエキス、安息香酸Na、フェノキシエタノール、サリチル酸、黄5

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンはカラーロック効果のある洗浄剤で、指滑り、きしみ緩和効果あり。比較的さっぱりした仕上がりのマイルドな洗浄剤です。
コロハヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科フェヌグリーク属の和名コロハをベースにしたカチオン界面活性剤。
ヒドロキシプロピルトリモニウムハニーははちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。
ホホバ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
サリチル酸ベンジルは穏やかな甘い香りを持つ花香料の保留剤として用いられます。

    リクイール バランシングシャンプー N の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/400ml
  • 価格/2000円
  • 1mlあたり/5円

リクイール バランシングシャンプー N の宣伝文,商品説明:

やわらかく素早い泡立ちで 頭皮と髪をやさしく洗うなめらかな洗い上がり。
明るくいきいきとしたナチュラルハーブの香り。ノンシリコーン処方。

[PR]
リクイール バランシングシャンプー N 2017 (c)シャンプー解析ドットコム