シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リリューチェオリーブシャンプー(リリューチェ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

リリューチェオリーブシャンプー

リリューチェ

relluce-sm

リリューチェオリーブシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: ◯
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: △
さっぱり感: △
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり14 円
330 ml/4830 円

リリューチェオリーブシャンプーの解析結果

バラが香るオリーブオイル石けんシャンプー

ベースはオレイン酸が豊富なオリーブオイルと水酸化Kによるエモリエントな石けんと、

グリセリンのしっとり感で構成。

さらに、 ダマスクバラ水はダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
ラベンダー油はシソ科のハーブで鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。

まとめると、
一般的な石けんよりもオレイン酸中心の石けんという意味でしっとりした感触が特徴の一品といえるでしょう。
ただし、アルカリ性である石けんシャンプーのデメリットは、髪のキューティクルを開いてしまう、肌のセラミドを溶出させ、セラミドの産生を7時間前後遅らせる懸念があること。
ここをクリアしないことには、感触がいくら良くてもNG。
また、合成界面活性剤に比べて石けんは洗浄に多くの分量を必要とするため、これも環境に優しいとは言えない原因になっています。

リリューチェオリーブシャンプーの宣伝文,商品説明:

豊かな泡立ちとなめらかな使い心地は、石けんシャンプーの常識を覆し、地肌と毛髪を健やかに保ち、合成成分が含まれない安心安全の逸品です。
日本の石鹸職人が継承する匠の技と工夫と追究により生み出されたシャンプーです。

リリューチェオリーブシャンプーの全成分:

水、グリセリン、オリーブオイル、水酸化K、クエン酸、ダマスクバラ水、ラベンダー油