シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
呂 ダメージケア シャンプー(アモーレパシフィックジャパン) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

呂 ダメージケア シャンプー

アモーレパシフィックジャパン

呂 ダメージケア シャンプー

呂 ダメージケア シャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★★
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり2.5 円
400 ml/1050 円

呂 ダメージケア シャンプーの解析結果

超絶にダメシャンプー。ダメシャンプーというより、絶対に使っちゃいけないレベルのシャンプー。


その理由は、極めて強い脱脂力と、浸透性があるために肌荒れリスクが非常に高く、
髪もボロボロになっていくことが確約されたような一品だから。

ラウリル硫酸塩に至っては、人工的にダメージ毛を再現するために使われる洗浄剤ですから、いかにこのシャンプーが醜悪であるかがわかると思います。

成分を見ていくと、
ラウレス-2硫酸アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
セタノールもリンスの油性基剤に使われる油脂で、
洗浄剤に関しては史上最悪レベルのだめシャンプーといえる内容。

その他の成分をピックアップすると、
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
オウゴンエキスはバイカリン、バイカレインを有効成分とし、タバコの煙など環境ストレスによる皮膚老化を抑制、美白、抗シワ、毛穴・敏感肌改善、育毛、抗菌作用などを付与。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
オウショウヨモギエキスは抗酸化作用を特徴としています。
センキュウエキスはセリ科植物センキュウの根抽出物。クニデライト、センキュウノライドといった精油、フェルラ酸を含有。血行促進、抗炎症作用などを付与。

総合すると、
肌への浸透性、脱脂力、強い泡立ち、必要以上の洗浄力で肌も髪も使うたびにダメージを被る洗浄剤設計です。
憤慨に堪えないダメで安上がりに作ることだけを目的にしたような最下位レベルの一品。

どんなことがあっても使うべきでない、肌と髪のために避けるべきボロカスシャンプーです。

呂 ダメージケア シャンプーの宣伝文,商品説明:

韓国売上No.1ヘアケアブランド「呂」!
韓方の恵みでつやめく髪へ… 本格コリアンビューティケア

呂 ダメージケア シャンプーの全成分:

水、ラウレス-2硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ジメチコン、セタノール、ココアンホ酢酸Na、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ツバキ油、トリヒドロキシステアリン、オウゴンエキス、ハトムギ種子エキス、トウキ根エキス、オウシュウヨモギエキス、センキュウエキス、ダイズタンパク、塩化Na、サリチル酸Na、リンゴ酸ジアルキル(C12,13)、クエン酸、(C12-15)パレス-3、コカミドプロピルベタイン、BG、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、赤227、青1、黄4、香