シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイスト(テクノエイト株式会社) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイスト

テクノエイト株式会社

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイスト

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイストの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: △
敏感肌適性: △
さっぱり感: △
コシを出す感: △
まとまり: X
1mlあたり4 円
300 ml/1260 円

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイストの解析結果

ロハスというくらいですから、それなりに優しそうな成分で構成されているように見えます、、が。


ベースの洗浄剤からしてアミノ酸系ですから、いかにも優しそうではあります。
しかしながら、ポイントとしては炭酸水素Na、水酸化Naといったアルカリ剤が目立つこと。
アルカリは石鹸でお馴染みですが、肌や髪には非常にデメリットが大きく、洗浄力が弱くても保湿成分(セラミド、コレステロールなど)を溶出してしまう特性があります。

成分を見ていくと、
ココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油はピロリドンカルボン酸と多価アルコールによる非イオン界面活性剤で、増粘、乳化安定、可溶化剤として優れた成分。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
ヘンナエキスはヘンナという植物を乾燥させたもので、髪に皮膜を形成し、着色する効果や、髪のケラチンに親和性がありハリ・コシを与える作用を持ちます。
シナノキエキスは保湿収れん、血行促進作用。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
ゼニアオイエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用により肌のハリを高めます。
トウキンセンカ花エキスはヒアルロン酸産生促進作用、線維芽細胞増殖促進作用、抗炎症作用を付与。

総合すると、
エキスの質や洗浄性などは悪くないのですが、アルカリ性に頼って汚れを落とそうとしている向きがあり、
石鹸同様の肌への負担が懸念される一面があります。
使用感は良くても、仕上がりに違和感があるようなタイプですね。
優しいようで、実は諸々肌に負担が大きいという印象の一品。

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイストの宣伝文,商品説明:

11種類の有効成分と、こだわりのイオン水を調合したシャンプーです。
髪や頭皮に必要なミネラルとハーブエキスを、ダイレクトに補給できます。
天然ハーブエキスの配合で安心して使用できます。
アミノ酸系シャンプー剤です。

テクノエイト ロハス ハーブシャンプー モイストの全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、サザンカ油、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、炭酸水素Na、グレープフルーツ果皮油、グレープフルーツ種子エキス、メチルパラベン、水酸化Na、香料、コカミドプロピルベタイン、ヘンナ葉エキス、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス