シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ローズオアシス シャンプー(ヴィーナス化成株式会社) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ローズオアシス シャンプー

ヴィーナス化成株式会社


ローズオアシス シャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:〇
ハイダメージヘア適性:△
健康毛適性:〇
敏感肌適性:〇
さっぱり感:△
コシを出す感:X
ボリュームを抑える感:△
1mlあたり10 円
300 ml/3150 円

ローズオアシス シャンプーの解析結果

ごくごくマイルドなアンチエイジング系シャンプーです。


不必要に洗浄せず、かといって物足りなさも感じさせないように工夫された平均点の高い一品といえます。
抗糖化作用もあったりしてなかなかやり手な一面も。

成分を見ていくと、
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。


洗浄剤に関しては低刺激性を重視したしっとりマイルド処方。

ジヒドロキシプロピルアルギニンHClはグリセリン構造にアルギニン構造を結合させた保湿成分で、吸着特性によりロングラスティング効果を与える浸透吸着補修成分。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
緑藻エキスはクロレラなどの海藻から得たエキスで、ミネラル、ビタミンを豊富に含み皮膚細胞の活性化、弾力を増す効果。肌の引き締め効果も付与します。
紅藻エキスはオゴノリ、トサカノリ、テングサ、キリンサイなどから得た海藻の水溶性高分子エキスで、ミネラルが豊富な他、保湿・抗酸化力に優れる。アンチエイジング目的で用いられます。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
カルノシンはアミノ酸複合体で、人体で糖化によって発生するAGE(終末糖化産物)の形成を抑制し、あらゆる老化の原因となり分解することもできない糖化現象を防ぐと言われる成分です。
シアノコバラミンは皮膚コンディショニング効果、整肌・保湿作用を付与。

アンチエイジング系といえる構成で穏やかなシャンプーとなっています。
バラの香り、しっとり感、低刺激でアンチエイジングエキス配合という王道のマイルドタイプシャンプーです。
全体のバランスがよく、使いやすさと抗老化効果を併せ持った好印象の一品といえるでしょう。
はっきりとした個性は感じにくいタイプかもしれませんが、永く使うのに安心できる質のいい一品と感じます。

ローズオアシス シャンプーの全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、コカミドMEA、ココアンホ酢酸Na、ココイルタウリンNa、オレイン酸PEG-10、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-50、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、ラウロイル加水分解シルクNa、ヒアルロン酸Na、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、アンセリン、カルノシン、デキストリン、BG、エタノール、シアノコバラミン、ローズ油

ローズオアシス シャンプーの宣伝文,商品説明:

髪の健康を考えたマイナスイオンのノンシリコンシャンプーです。
髪と地肌に優しいアニオン性アミノ酸が髪と頭皮の汚れを落とすことで、
水分と栄養成分を補給しやすい髪環境を作り出します。