シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー
(コーセーコスメポート
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー

コーセーコスメポート


ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー のオススメレベル

ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー の解析結果

使用感は良いが、質はあまり良くない。


PPG-2コカミド、はちみつ、ダマスクバラエキスなどの直感的に感触良好な素材を多く配したシャンプーです。
さっぱりと洗える割に、仕上がりが滑らか感があったり、香りが良好だったりという特徴あり。


ただし、ベースはオレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタインというベタで安価な素材による脱脂力強の設定。
リッチとは言い難い品質であることは注意すべきでしょう。


[PR]

ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、香料、セイヨウハッカ葉エキス、ダマスクバラ花エキス、ハチミツ、海塩、BG、EDTA-2Na、PG、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、カンフル、クエン酸、ココイルグリシンK、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリクオタニウム-10、メントール、塩化Na、メチルパラベン、安息香酸Na

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ダマスクバラ花水はダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
メントールの清涼作用。

    ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 素材の品質:2.6
  • 安全性:2.4
  • 髪質改善効果:2.3
  • 頭皮環境改善 2.3
  • 費用対効果:2.9

  • 容量/400ml
  • 価格/1296円
  • 1mlあたり/3.24円

ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー の宣伝文,商品説明:

ふんわり濃密な泡でやさしく包み込み、きしまず地肌からすっきりと洗い上げ、なめらかな髪へみちびくノンシリコンシャンプーです。ブルガリアンダマスクローズの天然香料使用。優雅な香りが続きます。ノンシリコン・サルフェートフリー。無鉱物油・ノンアルコール(エチルアルコール)・動物由来原料フリー。

[PR]
ローズオブヘブン リッチモイスト シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム