シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ
(
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ


ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ のオススメレベル

ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ の解析結果

カラーシャンプーとしてはまずまず・・


意外に、といっては失礼ですが、このタイプにしては意外なほど洗浄剤の質が悪くないのが少しの驚き。
さっぱり系ではあるものの、皮膚刺激性などは抑えられていて、マイルドな部類といえます。
その他にも植物油やエキス類をずらりと配合していて、仕上がりのエモリエント感を演出。
こちらも悪くない仕上がりに一役買っているのです。


染毛剤にわずかな懸念が・・

ちょっと気になるのが、肝心の染毛剤のチョイスに4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールが含まれる点。
こちらは、一般的なカラー剤に比べ低刺激ですが、同じく配合されているHC染料などに比べるとアレルギー性などが心配され、皮膚刺激という点で注意が必要(その代わり染まりが良くなる)。

シャンプーという特性上、頭皮を洗うことが前提ですから、できればこういった素材を頭皮にこすりつけるのは避けたい。

このようなケチはついているものの、概ねシャンプーとしてのクオリティ、コストパフォーマンスに関しては悪くないとみていいでしょう。

理想的には、シャンプーではなくトリートメントの方で染毛効果を与えれるほうが安全性がより高いと考えられますが。


[PR]

ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ の全成分:

水、ラウレス-6カルボン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、ジステアリン酸グリコール、加水分解ケラチン、加水分解シルク、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、メドウフォーム油、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油、ツバキ油、ブドウ種子油、アーモンド油、月見草油、ローズピップ油、センブリエキス、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、チョウジエキス、ヨモギ葉エキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-73、安息香酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、(+/-)塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、塩基性黄57、紫401、赤213、赤401、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

主な成分の解説をみるラウレス-6酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
ヘーゼルナッツ油はパルミトレイン酸を多く含む肌なじみの良い、感触に優れたオイルで、ツヤ、しなやかさを 与える。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
ツバキ種子油カメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
月見草油はアカバナ科メマツヨイグサ属の種子から搾油され、γ-リノレン酸を豊富に含み、抗アレルギー、抗アトピー効果を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ヨモギ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、皮脂の抑制、収斂作用、抗菌作用、抗炎症作用。
ポリクオタニウム-73は柔らかい仕上がりをダメージ部に選択的に与えるカチオン性のコンディショニング成分。

    ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 素材の品質:3.7
  • 安全性:3.3
  • 髪質改善効果:3.3
  • 頭皮環境改善 3.4
  • 費用対効果:3.9

  • 容量/300ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/5.04円

ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ の宣伝文,商品説明:

綺麗なブロンドヘアーを保ちたい、ブリーチヘアの黄ばみが気になるという方へ。頭皮の汚れを落としながらブリーチ後の黄ばみを予防するシャンプーです。リッチモイスチャー仕様で、ブリーチ後傷んだ髪のキシミを抑えます。

[PR]
ロイド(ROYD) カラーシャンプー ムラサキ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム