シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルネフルトレールキュルビシアシャンプー(アリミノ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ルネフルトレールキュルビシアシャンプー

アリミノ

ルネフルトレールキュルビシアシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 14円
150ml/ 2100円

ルネフルトレールキュルビシアシャンプーの解析結果

3つの点でオススメできないシャンプーです。

1つめは、 ラウレス硫酸Naをベースにし、微量ですがラウリル硫酸Naを加え刺激性を有し、洗浄力が非常に高いこと。
2つめは、パルミチン酸グリコール、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリコール、セテアリルアルコールといった油性成分がやたらと配合され、
ものすごく洗浄するのにその上から油分をまき散らして、一体洗いたいのか油まみれにしたいのか(エステル油なのでベタつきはしませんが、油分には変わりありません)。
3つめはこの程度の低クオリティでありながら強気すぎる値段設定。
この程度の品質で満足させられるとしたら、スイートオレンジの香りだけに満足するような匂い最優先の方か、安物の強すぎる洗浄シャンプーを好む方のどちらかでしょう。
酸化クロムや酸化鉄といった着色成分が無駄に配合されていることからも、肌への安全性よりミタクレ重視といえる一品です。

ルネフルトレールキュルビシアシャンプーの宣伝文,商品説明:

脂過剰な頭皮をサッパリさせるシャンプー。
余分な皮脂を取り除き、皮脂バランスを整えて清潔な状態を保ちます。

ルネフルトレールキュルビシアシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホ酢酸Na、コカミドMIPA、パルミチン酸グリコール、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリコール、セテアリルアルコール、スイートオレンジ油、ヤシ油アルキルグルコシド、クエン酸、カンファー、酸化クロム、ペポカボチャ種子油、チョウジ花油、酸化鉄、メチルイソチアゾリノン、ポリクオタニウム-22、ローズマリー油、セテアリル硫酸Na、ラウリル硫酸Na、タチジャコウソウ油、タイム油