シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルネ フルトレール フィオラバンティ アンチフリーズ シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ルネ フルトレール フィオラバンティ アンチフリーズ シャンプー

ニュートリティブ

ルネ フルトレール フィオラバンティ アンチフリーズ シャンプーの格付け

☆☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★★★
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:△
ハリコシ補修度:X
1mlあたり14円
150ml/2100円

ルネ フルトレール フィオラバンティ アンチフリーズ シャンプーの解析結果

出ましたね、ダメシャンプーです。
ラウレス、ラウリル硫酸のダメダメセットです。
ジステリアン酸グリコールで液体は白色。
ベタインでちょっと刺激緩和。
アクリル系ポリマーは、簡単に言えばラウリル硫酸で髪がカッピカピになるのをごまかす為に感触を良くするために配合されます。
ヒマシ油は高い乳化力を持っていて、後に出てくるエキスなどを浸透させるのに役立ちます。
ただそれだけ脱脂力もあります。
ラウリルに加えて水酸化NAも入っているのでアルカリ性シャンプーです。
髪はキューティクルが浮いてバサバサになるでしょう。
頭皮は本来の弱酸性に戻す必要があります。
酸リンス的なもので。
そうしないと見る見るうちに頭皮は荒んでいきます。
髪は細くなります。
フランスのような硬水環境ではむしろラウリル硫酸のようなパワーがないと泡立ちにくいという理由でこのようなシャンプーがたまにあるのですが、日本ではバリバリ脱脂もできるし泡も出るのでダイレクトに頭皮にぶつかってしましまいます。
髪や頭皮のことを考えたら今すぐ使用を中止しましょう。

ルネ フルトレール フィオラバンティ アンチフリーズ シャンプーの宣伝文,商品説明:

まとまりにくい髪に

ダメージ部分を保湿、補修し、軽いクセを抑えます。
アセロラエキスとフィオラバンティアルコラートが光沢のあるサラサラで扱いやすい髪に仕上げます。


全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ジステアリン酸グリコール、コカミドプロピルベタイン、(アクリル酸/ アクリル酸アルキル(C10−30)コポリマー、水添ヒマシ油、ブチルパラベン、コカミドMEA、エチルパラベン、香料、イソブチルパラベン、ラウレスー10、アセロラエキス、メチルパラベン、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、変性アルコール、水酸化Na、キサンタンガム、黄4、黄5