シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
べにふうきマイルドシャンプー(市川園) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

べにふうきマイルドシャンプー

市川園

べにふうきマイルドシャンプー

べにふうきマイルドシャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: 〇
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: △
コシを出す感: X
まとまり: X
1mlあたり3.58 円
500 ml/1790 円

べにふうきマイルドシャンプーの解析結果

緑茶の成分を余すこと無く注ぎ入れたようなシャンプーです。


洗浄性としてはさっぱり系で、泡立ちも豊かですが低刺激タイプ。
あまり肌の皮脂を取り過ぎないように調整されています。


成分を見ていくと、
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
チャ実油はチャノキ種子から得たオイルで、トリグリセリドを主体にトリテルペン、サボニン等を含有。肌を柔軟にし、保湿効果を与えます。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
チャ花エキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制作用。
チャカテキンは抗酸化、抗菌、消臭、抗アレルギー、抗ウイルス作用などの機能を持つ成分です。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
ヨクイニンエキスはハトムギ種子エキスと同義。抗炎症、鎮痛、排膿作用を持ち、皮膚再生作用、保湿、抗炎症効果を狙って配合される。
ダイズ芽エキスは「ポリアミン」を含有。抗糖化、抗紫外線、細胞活性化、コラーゲン産生促進作用。
アセチルシステインは一時的に髪のS-S結合を組み直し、くせ毛の軽減、ボリュームダウン、硬毛の軟化作用などを付与します。
ラウロイルシルクアミノ酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。
シロキクラゲ多糖体はキノコの一種で、楊貴妃が美容維持のために珍重していたという高級食材。
高い保湿力と、湿度に対する安定性、耐塩性の高い保湿剤です。

総合的には、 緑茶エキスの効果で肌の老化防止効果が望まれるアンチエイジングシャンプーといった印象で、

さっぱりと優しいハンドリングの製品をお探しの方には嬉しいタイプでしょう。
老化防止の重要な要素、「抗糖化」作用のポリアミンも含み、ゴワついた髪の毛を整えるシステインも配合。

ある程度お年を召した方に最適な効果を持つ一品といえるでしょう。

上品で、とても落ち着いた印象のシャンプー剤です。

べにふうきマイルドシャンプーの宣伝文,商品説明:

頭皮が乾燥したり、不要な皮脂汚れが残っていると、髪が弱くなります。
アミノ酸系の洗浄成分でうるおいを保ちながら洗い、べにふうきの葉・花エキス、茶実油をはじめビワ葉エキス、
カンゾウ根エキスを配合することで、頭皮環境を整えて健やかな髪を育む土台を作ります。

べにふうきマイルドシャンプーの全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ペンチレングリコール、チャ実油、チャ葉エキス、チャ花エキス、チャカテキン、ビワ葉エキス、カンゾウ根エキス、ヨクイニンエキス、ダイズ芽エキス、アセチルシステイン、ポリクオタニウム-10、ラウロイル加水分解シルクNa、シロキクラゲ多糖体、グリセリルグルコシド、グリセリン、クエン酸、塩化Na、BG、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール