シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サナ アクアフルール シャンプー(常盤薬品工業) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

サナ アクアフルール シャンプー

常盤薬品工業


サナ アクアフルール シャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:〇
さっぱり感:△
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり9.6 円

サナ アクアフルール シャンプーの解析結果

悪くない設計で、アンチエイジングなシャンプーです。


上質なタッチで、ややさっぱり仕上げの洗浄剤をベースに、アンチエイジングなエキスの質が良いシャンプーです。

アミノ酸系を軸にした洗浄剤のミックスはとても低刺激に仕上げられ、かつさっぱり感を残すようにバランスがとられています。
リンゴ幹細胞培養エキスをはじめ、アンチエイジングカテゴリで期待値の高いエキスをチョイスしている点でも、評価はアップとなります。

値段の割にまとまっていて、上質ささえ感じそうな印象の良いシャンプーです。
最高級ではありませんが、それに近づけようという意図が感じられる点でオススメといえる内容。


主な成分の解説

ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
オーキッドエキスはラン科のデンドロビウム、レリオカトレア、プラッソカトレアより抽出された希少なエキスで、
保湿、美白、UVケア、ニキビに効果がある。
アルゲエキスはミトコンドリアを保護し、皮膚細胞活性化、皮膚のトーンを明るくします。
豆乳発酵液はイソフラボンの効能により、抗酸化、表皮細胞の保湿、メラニン抑制、ヒアルロン酸産生促進作用を付与。
リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。

サナ アクアフルール シャンプーの全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、LPG、コカミドDEA、ラウリルグルコシド、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグリシンK、ココイルメチルアラニンNa、デシルグルコシド、オーキッドエキス、テンニンカ果実エキス、加水分解シルク、アルゲエキス、豆乳発酵液、センブリエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、BG、DPG、イソステアロイル乳酸Na、エタノール、オクテニルコハク酸トレハロース、オレイン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、ココアンホ酢酸Na、ココイル加水分解コラーゲンK、テトラオレイン酸ソルベス-40、ペンテト酸5Na、ポリクオタニウム-10、レシチン、二酸化炭素、フェノキシエタノール、香料、メチルパラベン

サナ アクアフルール シャンプーの宣伝文,商品説明:

●おうちでできる炭酸シャンプー。濃厚な炭酸泡が地肌の汚れをすっきりと取り除きます。
●7種の天然由来保湿成分を配合し、ハリとコシのある輝く髪に導きます。
●ノンシリコン処方
●心やすらぐほのかなホワイトフローラルの香り