シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シーランドケアオレンジシャンプー(シーランドケア) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

シーランドケアオレンジシャンプー

シーランドケア


シーランドケアオレンジシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:△
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり5 円

シーランドケアオレンジシャンプーの解析結果

目的は比較的わかりやすいシャンプーです。


ベースの洗浄剤に関しては、やや粗雑な印象を抱かせる出だしではあります。
さらにオレンジ油の配合も加わり脱脂力の強さがやや心配されるパターンです。

ただ、洗浄剤の構成を複雑にしアミノ酸系の洗浄剤をミックスさせて、オレフィンスルホン酸Na単体でのデメリットを十分に緩和させているとみていいでしょう。
感触としてはさっぱり系の脱脂力強めシャンプーではあるものの、アミノ酸系洗浄剤がうまくクッションになって肌を守っているイメージです。

その他の部分については、比較的頻出の頭皮ケアエキスセットを添加して、
全体を通して頭皮をケアする傾向が強めな設計であるといえます。

それでは、頭皮ケア系シャンプーの中ではどの程度のクオリティーと言えるかというと、
悪くはないものの「中の中」といったところでしょう。
明らかに何かを改善させるような強い効能を持っているわけではないので、比較的スタンダードなシャンプーの1つといた方が正しいでしょう。


主な成分の解説

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

シーランドケアオレンジシャンプーの全成分:

水・コカミドDEA・オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na・ラウロイルメチルアラニンNa・ラウリルベタイン・ココイルグルタミン酸TEA・ジステアリン酸PEG-150・オレンジ油・グルチルリチン酸2K・アルニカエキス・オドリコソウエキス・オランダガラシエキス・マツエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレエキス・ポリクオタニウム-10・塩化Na・グリセリンエチドロン酸・EDTA-2Na・BG・PEG-20ソルビタンココエートPG・BHT・ヒドロキシアニソール・安息香酸Naフェノキシエタノール・メチルパラベン

シーランドケアオレンジシャンプーの宣伝文,商品説明:

オレンジシャンプー(ノンシリコン・弱酸性シャンプー) 刺激の少ないマイルドな植物性活性剤をベースに、保湿効果の高い天然植物エキスを厳選して配合しました。 ・髪をやさしくいたわりながらスッキリと洗い上げます。
天然オレンジオイル オレンジシリーズは、合成香料を使用せず、さわやかなオレンジオイルの香りでリラクゼーション効果を演出。オレンジオイルに含まれる主成分の「リモネン」には、余分な皮脂を分解し、やさしく取り除く効果もあります。
9種類の天然エキス オレンジシリ-ズのシャンプー・トリートメントには、アルニカ・オトギリソウ・オランダガラシ・ゴボウ・セイヨウキズタ・ニンニク・マツ・ローズマリー・ローマカミツレエキスを配合。抗酸化作用、消炎消臭効果、抗炎症・フケ予防効果があります。
ノンシリコン処方 シリコン(成分名:ジメチコン等)は毛髪の表面をコーティングし、サラサラ感を演出する反面、残留性が高く本来のダメージをケアすることが出来ません。成分表示にジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン、これらが成分名の一部にでも入っていたらシリコンです。