シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シーズントリップ タヒチスタイル シャンプー(フォード) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

シーズントリップ タヒチスタイル シャンプー

フォード


シーズントリップ タヒチスタイル シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:X
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり4.4 円

シーズントリップ タヒチスタイル シャンプーの解析結果

気のきかない洗浄剤が残念、エキスは悪くないが


ベースは酸性石けんを取り入れているとはいえ、続くオレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、メントールと、
肌の負担は決して少なくないタイプのクレンジングシャンプーです。

エキス類だけを見渡すと、気の利いた化粧水のようなクオリティの高さを見せていますが、
シャンプーとしての品質は決して高いものとは言えません。

これほどの高い洗浄力を差し置いても使いたいと思わせるほどの脇役があるわけでもなく、
このぐらいのメリットにとどまるならば、洗浄剤のデメリットがより大きく影響するであろうと思われる一品です。

どうしても強く洗浄したいという方(特に整髪料を多く要する方)には調度良いともいえますが、
一般的には、この洗浄力は負担が大きいと見るべきでしょう。。
肌の弱い人にも親切ではありません。


主な成分の解説

ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
メントールの清涼作用。
PCAメンチルは穏やかな冷却効果が持続し、保湿作用も与える。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
アルゲエキスはミトコンドリアを保護し、皮膚細胞活性化、皮膚のトーンを明るくします。
コンフリー葉エキスは育毛・エラスチン保護、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
メリアアザジラクタエキス奇跡の木"ニーム"の葉抽出エキスで、強い美白作用、抗老化、抗シワ、育毛、頭皮環境改善効果、スリミング効果などを付与。
オウゴンエキスは抗酸化、保湿、抗炎症、抗菌、抗アレルギー作用。
イチジク樹皮エキスはセラミド合成促進作用、表皮細胞活性化作用を付与。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。

シーズントリップ タヒチスタイル シャンプーの全成分:

水、ラウレス-4カルボン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、BG、ポリソルベート80、ポリクオタニウム-10、DPG、メントール、PCAメンチル、EDTA-2Na、クエン酸、ポリクオタニウム-7、ヒマワリ種子油、ヤシ油、オリーブ油、アルゲエキス、コンフリー葉エキス、センブリエキス、ショウガ根エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、オウゴン根エキス、イチジク樹皮エキス、オオウメガサソウ葉エキス、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ボタンエキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、ワイルドタイムエキス、ガーデニアタヒテンシス花エキス、アルニカ花エキス、エタノール、トコフェノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、黄203

シーズントリップ タヒチスタイル シャンプーの宣伝文,商品説明:

すっきりとした洗い心地で、保湿しながら健康的な頭皮環境に整えるシャンプー