シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ゼノア 洗髪石鹸・アルファ
(ゼノア化粧料本舗
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ゼノア 洗髪石鹸・アルファ

ゼノア化粧料本舗


ゼノア 洗髪石鹸・アルファ のオススメレベル

ゼノア 洗髪石鹸・アルファ の解析結果

髪を洗うのに石鹸はマズい。


肌への悪影響はもちろん、髪を洗う点において石鹸は最低。
アルカリ性であることでキューティクルが開いてしまい、最もダメージを受けやすい状態に導いてしまいます。

さらに、キューティクルが開いた状態で摩擦したり、すすいだりすることでどう贔屓目に見てもオススメできないのが、こういった石鹸タイプということになります。

もちろん、頭皮の状態も同じくアルカリ性によって脱脂のし過ぎ、肌バリアの溶出といった問題も。

[PR]

ゼノア 洗髪石鹸・アルファ の全成分:

カリ石ケン素地,グリセリン,BG,アラントイン,ソルビトール発酵多糖,エタノール,クエン酸Na,クエン酸,トコフェロール,エチルパラベン,香料

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
ソルビトール発酵多糖は植物原料から製造された多糖液で即時性の保湿効果と持続性の保水効果をあわせ持せ、皮膚をなめらかにし、しっとりします。 トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。
[PR]
ゼノア 洗髪石鹸・アルファ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム