シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプー(ホメオパシック・エデュケーション) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプー

ホメオパシック・エデュケーション

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプー

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: 〇
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: △
さっぱり感: X
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: △
1mlあたり10 円
200 ml/2100 円

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプーの解析結果

頭髪のみならず、身体も洗うという話になると繊細な調整が必要。特に、使用感においては。

体を洗う洗剤に石鹸が今でも多く使用されているのは、「さっぱり感」が重視されているためです。
誰でも、体を洗った後にベタっとするのは不快に感じるでしょう。
かといって、頭髪はそのベタッと感が毛髪の摩擦を防ぐ役目を果たすこともあり、単にさっぱりしているだけでは成り立ちません。

そういった微妙で絶妙なバランス感覚が求められるのが「全身OK」という謳いの洗浄剤です。

この製品はまさに全身向け、と謳っている一品ですが、
内容はココイルグルタミン酸K。カリウム仕上げで若干さっぱりするものの、グルタミン酸のしっとりした特徴が大きなウエイトを占める洗浄剤です。
ボディソープとしては、この時点でちょっと不安になるところ。
防腐剤にポリリシン。ツバキ油や、アルギニン誘導体が保湿作用。
実に単純な構成のシャンプーですが、

前述したとおり使用感のバランスが重要となるこの手の作品において、
あまりにもしっとりマイルドすぎ、という印象の一品。
ボディソープとしては全くサッパリ感がなく、髪用としてもしっとりするがコンディショニング効果が期待できるわけでもない。
値付けも高めで、どう見ても価値を見いだせる面のない中途半端な一品。
感触がしっとりするだけの、後を引かない使用感にすぐ飽きが来てしまうでしょう。

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプーの宣伝文,商品説明:

パラベンフリーとなりました。べたつき感が軽減され、より柔らかく優しい手触りの泡は、頭だけでなく全身にお使いいただけるタイプのシャンプーです。
日本豊受自然農園のカレンデュラから抽出したエキスと椿油が織りなす泡に包まれて1日の汚れをスッキリと。

洗髪と洗身 木の花の咲くやシャンプーの全成分:

ココイルグルタミン酸K、水、プロパンジオール、グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、ポリリシン、トウキンセンカ花エキス、ツバキ油、ベルガモット果実油、エタノール、ココイルアルギニンエチルPCA、香料