シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シャワラン フレグランスシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

シャワラン フレグランスシャンプー

牛乳石鹸共進社

シャワラン フレグランスシャンプー シャンプー解析ドットコム

シャワラン フレグランスシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり1.1円
(シャワラン フレグランスシャンプー)230ml/262円

シャワラン フレグランスシャンプーの解析結果

いかに原価がかかっていないかが一目でわかる、
100均レベルの低品質シャンプーです。
ベースはラウレス硫酸塩で、お馴染みの安上がり高洗浄成分です。
パーム核脂肪酸アミドDEAで泡立ちの安定化、増粘、コカミドプロピルベタインで刺激を若干緩和しております。
シャクヤクエキスは美白、抗炎症作用のエキス。
ベニバナエキスは抗菌作用、ノバラエキスは保湿・美白作用。
ローズマリーはシソ科の抗菌・抗炎症作用。
カミツレは保湿、美白。
PPg-25ジエチルモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤ですが、少量であることとカチオンの作用がやや温和なので、刺激性は懸念されるものの、危険度はさほど高くありません。
問題なのは、この成分を入れなければならないほどベースが雑で手抜きであること、です。
総合すると、とにかく安っぽい内容ということに尽きます。
徹底的に安上がりに作ろうとするとこんな感じになります、という見本のような内容でした。
ノンシリコン(笑)ですが、カチオン界面活性剤を入れてしまう方が、同じ指通りがよくなる効果にしても毒性は遙かに上。
全く使うに値しない平凡以下のシャンプーです。

シャワラン フレグランスシャンプーの宣伝文,商品説明:

5種類の植物性エキス入りのシャンプーです。
うるおい効果のある「べにばな」「カミツレ」エキス、
収れん効果のある「シャクヤク」エキス、そして「のばら」「ローズマリー」
が配合されています。
ナチュラル感のあるマイルドで優しい香りをお楽しみ下さい。

シャワラン フレグランスシャンプーの全成分:

水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、パーム核脂肪酸アミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ノバラエキス、シャクヤクエキス、ベニバナエキス、カミツレエキス、ローズマリーエキス、ポリクオタニウム-10、香料、PPg-25ジエチルモニウムクロリド、Bg、クエン酸、安息香酸塩、エデト酸塩、緑色3号、黄色203号、緑色204号