シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム

シンプラス シャンプー(株式会社ドリームwebシステム)

シンプラス シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

シンプラス シャンプー

株式会社ドリームwebシステム


シンプラス シャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:〇
ダメージ補修力:〇
健康毛適性:X
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:X
1mlあたり6円
(シンプラス シャンプー)300ml/1890円

シンプラス シャンプーの解析結果

一見すると優れたシャンプーに見えなくもない一品ですが、

中身はどうでしょうか。

ベースのベタイン、アラニン、グルタミン酸、シルクアミノ酸Naという洗浄剤は、

文句なしにマイルドであります。
コンディショニング効果のある、さらっとした仕上がりを期待させます。

しかし、洗浄力は中の下。
後述のトリートメント性質の成分により、
トリートメントで頭を洗っているような質感に近くなるでしょう。
まず、シアバター、メドウフォームラクトンが潤いを与えます。
紫外線吸収効果もあります。

消臭抗菌効果のシャクヤク、ノコギリソウ、トウキンセンカといった頭皮環境改善系エキスを配合。

テトラステアリン酸PEG−150ペンタエリスリチルは主に増粘など製品安定作用。
このあと、ベヘナミドプロピルジメチルアミン。3級のカチオン界面活性剤です。

シャンプーは頭皮に直接触れるため、カチオン界面活性剤の刺激性は問題となりやすいでしょう。
3級は4級よりマイルドですが、やはりシャンプーの中にあっては懸念を抱かざるを得ません。

全体的には、圧倒的にコンディショニング効果に偏った作りと感じる製品です。

結果的に、洗うのも半端、コンディショニング効果も半端という特徴に終わっている印象。

さらっとした仕上がりは確実に感じるでしょう。が、補修されて、というよりは「そう感じさせるだけ」。

コストパフォーマンスはよいですが、合格ラインには達せず。

シンプラス シャンプーの宣伝文,商品説明:

天然成分が教えてくれた「大人」のヘアケア。健やかに、美しく、上品な頭皮にふさわしい、ノンリシコンコンディショナー。
ノンパラベン、ノンパール化剤、ノンアルコール、合成着色料不使用。フレッシュアロマの香り。

シンプラス シャンプーの全成分:

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルシルクアミノ酸Na、グレープフルーツ果皮油、シャクヤク根エキス、ヨモギ葉エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ローズマリー葉エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、ハトムギ種子エキス、カンゾウ根エキス、シア脂、メドウフォーム−δ−ラクトン、ラウロイルサルコシンイソプロピル、テトラステアリン酸PEG−150ペンタエリスリチル、ペンテト酸5Na、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、塩化Na、安息香酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム−10、フェノキシエタノール、トコフェロール、DPG、香料