シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
自然葉シャンプー 無香料(グリーンノート) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

自然葉シャンプー 無香料

グリーンノート

楽天市場で購入!

自然葉シャンプー 無香料の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: △
敏感肌適性: △
さっぱり感: △
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 10円
(自然葉シャンプー 無香料) 300ml/ 3150円

自然葉シャンプー 無香料の解析結果

スキャルプ系シャンプーという内容の一品ですが、
多くの成分を配合した結果、どのような効能を得られるようになっているでしょうか。
ベースに両性界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤2個を添えて、非イオン界面活性剤ラウリルグルコシドといった成分も配合。
さらにジェミニ型界面活性剤であるジラウロイルグルタミン酸リシンNaが刺激緩和、保湿、被膜、補修効果を付与。
その他の多くはアミノ酸と頭皮環境改善系エキスで、血行促進、抗炎症・抗酸化、抗菌、保湿作用といったところを担当。


全体としては、
香料がないことも特徴として挙げられるように、とても低刺激ば肌に優しいシャンプーと言えます。
ある程度ダメージヘアにも対応できますが、これといって補修能が高いわけではありません。
頭皮に対しては、もちろん低刺激でエキス類の整肌効果も加わる良い内容と言えますが、
特別これが「自然派」かと言われると、よく見るパターンの成分の並びではあります。
防腐剤にパラベンやフェノキシエタノールを加えず、ヒノキチオールやローズマリーといったエキスに頼っているあたりは自然派的な選択といえますが、
本編の部分に関しては「自然派」と謳っていないシャンプーでも頻出する成分で構成されています。
内容的には悪くありませんし、特に悪さもしないと見ますが、
「使用感が味気ない」タイプの製品かと思います。
香料による香りもな(原料臭はするかも)、特別実感できるような目立つ成分もなく、まとまっているようで1つになれていないようなフワフワしたシャンプーにみえます。
ココイルグルタミン酸K、ココイルグリシンKといったK塩タイプはやや刺激が強く、さっぱりしますが、肌へのやさしさは多少軽減します。
また、ヒノキチオールは最下位の配合で危険性は少ないと思いますが、それならフェノキシエタノールやパラベンでいいような気がする・・という配合ですね。

自然葉シャンプー 無香料の宣伝文,商品説明:

・自然派の研究者と美容師の共同開発から生まれた新しい自然派のシャンプーです。
・ノンシリコンなのになめらかな洗い上がり。
・使い続けるうちに健康的な頭皮と輝く髪に導きます。
・全成分天然由来。
・石油系成分一切不使用。
・シリコン、鉱物油、パラベンなどの合成保存料、着色料、香料などは一切不使用。
・髪を構成する18種の天然アミノ酸を配合し、ダメージ毛を補修。
・また、14種の植物抽出エキス群で、髪に潤いと活力を与えます。

自然葉シャンプー 無香料の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸K、ココイルグリシンK、コカミドDEA、ペンチレングリコール、ラウリルグルコシド、1,2−ヘキサンジオ-ル、グア-ヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリアスパラギン酸Na、センブリエキス、カンゾウ根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、褐藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、アスパラギン酸Na、アラニン、アラントイン、アルギニン、イソロイシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、グリシン、グルタミン酸、セリン、タウリン、チロシン、トレオニン、バリン、ヒスチジンHCl、フェニルアラニン、プロリン、リシンHCl、ロイシン、ヒノキチオール