シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプー(ポーラ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプー

ポーラ


SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:X
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり1.9 円

SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプーの解析結果

アメニティグッズにありがちな"できるだけ安く作った"タイプの洗浄性です。


それでも、シリコーンなど油剤を配合しているだけ他より感触はマシでしょう。
クオリティが高いとは全くいえませんが、洗ってる最中の感触だけを重視するなら多少マシではあります。

成分を見ていくと、
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
パーム核脂肪酸アミドDEAが泡立ちの安定性を高めます。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。


洗浄剤に関しては

ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
PEG-12ジメチコンはシリコーン乳化剤で、ベタつきを軽減します。

ホテルに置いてある、よくあるタイプのシャンプーといえばわかりやすいでしょう。
いっときの感触はごまかしていますが、すぐに特にダメージヘアの方などはどの程度の品質なのか気づくでしょう。
粗い洗浄力であまりコンディショニング効果もないため、髪のダメージレベルそのままの仕上がりになってしまいそう。
残念ながらオススメとはなりません。

SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、パーム核脂肪酸アミドDEA、BG、ローヤルゼリー、オリーブ油、クエン酸、塩化Na、PEG-12ジメチコン、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-11、安息香酸Na、黄4、赤227、香料

SHOWER BREAK PLUS[シャワーブレイクプラス]リンスインシャンプーの宣伝文,商品説明:

豊かな泡立ちで、やさしい洗い心地のリンスインシャンプー
乾燥が気になる髪に潤いを与え、しっとりツヤのある髪に。
生ローヤルゼリー(保湿成分)配合
オリーブオイル(しなやか成分)配合