シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Simplism 美容液シャンプー
(テイクジーン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

Simplism 美容液シャンプー

テイクジーン


Simplism 美容液シャンプー
Simplism 美容液シャンプー のオススメレベル

Simplism 美容液シャンプー の解析結果

シンプルにオススメしないシャンプーです。


添加剤のチョイスは割とクオリティを感じる部分もありますが、ベースの洗浄剤がまるでダメ。

洗浄力強すぎで、後述の添加剤の良さを打ち消してしまうほど。


ペリセア、ヒアルロン酸クロスポリマーにセリシンなど、脇役がまずまず良いだけに、洗浄剤の安あがりっぷりが残念すぎる一品です。

脇役成分だけ見ればかなり有望であるだけに、最も割合の大きいベースの部分で手を抜いた印象が強すぎる一品。


[PR]

Simplism 美容液シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、塩化Na、DPG、グルコシルヘスペリジン、ベタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PCA-Na、ケラチン(羊毛)、ソルビトール、トチャカエキス、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ペンチレングリコール、ウメ果実エキス、セリン、グリシン、グルタミン酸、カンゾウ葉エキス、アラニン、ガゴメエキス、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、セリシン、加水分解シルク、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、BG、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル、メチルパラベン

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
グルコシルヘスペリジンはビタミンPにグルコースを縮合させた成分で、毛細血管強化、温感作用、抗酸化作用を与えます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ヒアルロン酸クロスポリマーNa(ヒアルケージシステム)は、ネット状に肌,髪を覆い長時間保湿効果を持続させ、わずかに弾力性も生み出します。他の有効成分との相乗効果が得意。
ウメ果実エキスはメイラード反応(肌の糖化)を抑制する働きがあり、肌の老化、くすみを抑制する効果を付与。
ガゴメエキスF-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
Simplism 美容液シャンプー

    Simplism 美容液シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2.3
  • 安全性:2.3
  • 髪質改善効果:2.4
  • 頭皮環境改善 2.2
  • 費用対効果:2.3

  • 容量/500ml
  • 価格/1400円
  • 1mlあたり/2.8円

Simplism 美容液シャンプー の宣伝文,商品説明:

1本で「シャンプー」「コンディショナー」「トリートメント」「カラー退色を防ぐ」「地肌ケア」の5つの効果。
コストも時間もかけたくない方におすすめです。

[PR]
Simplism 美容液シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム