シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
SimpRich (シンプリッチ)シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

SimpRich (シンプリッチ)シャンプー

健康コーポレーション株式会社

SimpRich (シンプリッチ)シャンプー シャンプー解析ドットコム

SimpRich (シンプリッチ)シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
さっぱり感:△
ハリコシ補修度:△
1mlあたり9.6円
(SimpRich (シンプリッチ)シャンプー)310ml/2980円

SimpRich (シンプリッチ)シャンプーの解析結果

まず、宣伝方法にもの申すですが、
「ノンシリコンなのにこってり泡」って、シリコンが入ったら逆に泡立ち悪くなるよう思いますので、「ノンシリコンだからこってり泡」って言った方がいいのでは。
あと、「科学的なもので体、頭を洗っていませんか?(中略)科学的な人工物がシャンプーに・・」とあります。
科学的なもの、というくくりで言うなら、全てのシャンプーの成分は科学的なものですし、容器だって科学的なものです。
科学的じゃ無いものは逆にどれなのか是非お伺いしたいですね。
あと、シリコンは毛穴ふさぎません。キューティクルが剥がれるのはむしろシリコンが防いでいると言ってもいいでしょう。
シリコンはかゆみや乾燥の原因になりません。石油系洗浄成分はむしろ濯ぎ残りが発生しにくいので、
このシャンプーに使われている洗浄成分の方がはるかにすすぎ残りが起きやすいと言えます。
その石油系洗浄料を無配合と謳っていますが、スルホコハク(C12-14)パレス-2Naは紛れもなく石油系です。
合成香料不使用とありますが、レモン果皮油など、圧搾油として2%以上配合だと光毒性のある精油も含まれていて、
これだとむしろ合成香料の方が安全といえるものも少なくありません。
なぜか石鹸が配合しているので、弱酸性でもないのでしょう。

以上を踏まえて見てみますと、
ベースの部分のベタイン、グルタミン酸TEA、スルホコハク酸〜といった洗浄剤はややしっとりですが泡立ちは細かめでしっかりと起泡します。
コラーゲン、ケラチン、シルク、カチオン化ヒアルロン酸がコンディショニング効果をアップさせます。
そして石鹸がそっと配合されていて、さっぱり感を残すためでしょうか。石鹸はアルカリでないと働かないので、水酸化Na配合とみます。

このシャンプー、お得な定期便で2980円が初回1489円となっていますが、もともと1489円でもやや割高といっていい内容ですので、
定価で買いたいとは思えない一品であります。

商品の売り方が、香粧品に対しての知識の浅さを感じずにはいられないですし、
一昔前ならこの宣伝でも購買意欲をくすぐられる方が多かったのですが、

時代遅れを感じさせる手法に終始しています。

肝心の内容が伴っていればまだ救いがあるのですが、
このレベルでは2980円とってはいけないのではないか、と言わざるを得ません。
決して体に悪いというものではなく、市販の多くの製品よりはマイルドですが、

宣伝の仕方と釣り合いがとれているとは言えません。
強いて言えば、体を洗うことも考えて「さっぱり感」をあとから足したような作りであるのが残念な感じを醸し出しています。
髪を洗うことにおいては全く不必要としか思えない石鹸の配合ですからね。
残念。

SimpRich (シンプリッチ)シャンプーの宣伝文,商品説明:

ノンシリコンなのにこってり泡  全身に使える優しさを実現しています。

SimpRich (シンプリッチ)シャンプーの全成分:

水・コカミドプロピルベタイン・ココイルグルタミン酸TEA・スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na・コカミドDEA・アマモエキス・水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・加水分解ケラチン・加水分解シルク・褐藻エキス・BG・ポリクオタニウム-10・ヤシ脂肪酸K・オレンジ油・ラベンダー油・レモン果皮油・ハッカ油・グリセリン・3-ヘキセノール・エタノール・水酸化Na・フェノキシエタノール