シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
そめいよしのシャンプー
(タカラベルモント
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

そめいよしのシャンプー

タカラベルモント


そめいよしのシャンプー のオススメレベル

そめいよしのシャンプー の解析結果

肌バリア感を多く感じるシャンプー。


セラミド各種を始めとして、レシチン、サクラ葉・低アレルギー性コラーゲンといった美肌成分といえる素材を配合。
髪のツヤ・指通りを改善するクオタニウム-33、PPG-3カプリリルエーテルあたりの配合も仕上がりに違いを与える。


肝心のベース部分、ココイルメチルタウリンNaの低刺激性な印象が強いですが、ラウレス硫酸Naも並行して添加しているため、泡立ちしっかり、さっぱりな仕上がりのシャンプーといえるでしょう。
バランス感はまずまず悪くなく、添加成分のクオリティも見どころが多い一品です。
特筆するような個性がないということもあり、ものすごくファンになるタイプではないかもしれません。


[PR]

そめいよしのシャンプー の全成分:

水,ココイルメチルタウリンNa,コカミドプロピルベタイン,ラウレス硫酸Na,コカミドDEA,PEG-60水添ヒマシ油,PPG-2コカミド,ソメイヨシノ葉エキス,サトザクラ花エキス,サクシノイルアテロコラーゲン,モモ果汁,シルク,"セラミド2 セラミド2,セラミド3,セラミド6、2,コレステロール(羊毛),クオタニウムー33(羊毛),レシチン,クオタニウム-18,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-47,ジステアリン酸グリコール,ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,PPG-3カプリリルエーテル,ココベタイン,ポリソルベート80,ラウラミノプロピオン酸Na,ラウレス-5カルボン酸,グリセリン,ペンチレングリコール,BG,PG,アスコルビン酸,エチドロン酸,クエン酸,フィチン酸,リンゴ酸,クエン酸Na,炭酸水素Na,リン酸K,リン酸2Na,EDTA-2Na,安息香酸Na,フェノキシエタノール/イソプロパノール/赤106/香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)は肌荒れ、抗炎症、美白作用を付与。
サトザクラ花エキス、アスコルビン酸、リンゴ酸は抗酸化作用、美白作用、美肌(コラーゲン格子形成増加)、アンチエイジング線維芽細胞アポトーシス抑制作用。
サクシニルアテロコラーゲン(アレルゲンの懸念があるテロペプチドを除去し、サクシニル化することでコラーゲンが固まって大きくならないように安定させた保湿剤。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
セラミド3はN-ステアロイルフィトスフィンゴシンという名称で、とくに皮膚角層の保湿性を維持するセラミドの一種です。
セラミド6,2 (N-2-ヒドロキシステアロイルフィトスフィンゴシン)は、構造中にピーリング効果を持つAHAを結合させており、皮膚の代謝を促進し、皮膚を滑らかにする効果があるセラミド。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ラウラミノプロピオン酸Naはアミノ酸系洗浄剤で、pHが酸性でも安定。穏やかな洗浄力とコンディショニング効果、増粘、刺激緩和作用を付与。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
EDTA-2Naはキレート(金属封鎖)作用により、製品の化学的安定性を高める。
[PR]
そめいよしのシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム