シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A
(ルベル 
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A

ルベル


ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A のオススメレベル

ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A の解析結果

さっぱり感と高コンディショニングなシャンプー。


酸性石鹸をベースにしたくっきりした洗浄性をベースに、
ペリセア、ケラチン、浸透性コラーゲンを加えたコンディショニングな要素も強めな構成です。

ただし、ステアルトリモニウムクロリド(カチオン界面活性剤)の配合はやりすぎ。
タンパク変性、刺激を強く起こしやすい成分だけに、シャンプーへの配合は歓迎されません。

洗浄剤は良いだけに、やりすぎた添加成分がもったいない印象。使用感は良いのですが。。


[PR]

ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A の全成分:

水、デシルグルコシド、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ミリスタミドプロピルベタイン、PEG-60水添ヒマシ油、グリセリン、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解ケラチン(羊毛)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、レシチン、グリチルリチン酸2K、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、フユボダイジュ花エキス、ムラサキ根エキス、オリーブ油、スクワラン、ヒマワリ種子油、ポリソルベート80、ステアルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、クエン酸、クエン酸Na、炭酸Na、エチドロン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、サリチル酸、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、イソプロパノール、エタノール、BG、DPG、香料

主な成分の解説をみるデシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ミリスタミドプロピルベタインはコンディショニング効果をメインとした両性界面活性剤で、洗浄、起泡性向上、増粘作用を付与します。
PEG-60水添ヒマシ油は非イオン界面活性剤で、乳化、増粘、改質剤として使われます。また、香料や油性成分の可溶化剤としても用いられます。
イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD(プロモイス E-118D )は髪に素早く浸透する分子量の小さなコラーゲン誘導体。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
ポリクオタニウム-47は、ゴワつき感、滑り感を両方とも好改善するポリマーです。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。
さっぱり

    ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.9

  • 素材の品質:3
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/80ml
  • 価格/608円
  • 1mlあたり/7.6円

ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A の宣伝文,商品説明:

色素の流出や変色に対応した、洗浄成分をブレンド。
デリケートな髪と地肌をやさしくなめらかに洗い上げるCMCシャンプー。

[PR]
ルベル ソナ 7DAYSシャンプー A 2017 (c)シャンプー解析ドットコム