シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
スピック ドレッシング シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

スピック ドレッシング

SPIC(スピック)

スピック ドレッシング シャンプー解析ドットコム

スピック ドレッシングの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:〇
ダメージ補修力:〇
健康毛適性:△
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:△
1mlあたり9.5円
(スピック ドレッシング)500ml/4750円

スピック ドレッシングの解析結果

まず、ココイルサルコシンTEAは半アミノ酸系の界面活性剤ですが、アミノ酸系の中では刺激と洗浄力が強い部類で、
石けん様の沈着の発生もあることから、
少なくても赤ちゃん用には通常見ない成分です。

ラウラミドプロピルベタイン、パーム核脂肪酸アミドDEAが粘度、泡立ちを調整、刺激を少し緩和。

PEG-5ヤシ油脂肪酸アミドMEAリン酸は低刺激性の乳化剤、ラウロイル加水分解シルクは感触改良としてさらっとした質感を付与。
リピジュアが生態適合保湿成分。

アラントイン、グリチルリチン酸2Kが抗炎症、ペリセアが皮膜、保湿、浸透作用。

ティーツリー油は殺菌作用も示すエッセンシャルオイルですね。

ゴボウの高い保湿作用、血行促進系のエキスもいくつかあります。

その他は抗炎症と保湿作用程度ですね。

全体としての製品のレベルは、割と高いもの、と言いたいところですが、 

何と言ってもベースがダメ。

ココイルサルコシンTEAでは上質な感じも出せないし、刺激性と、石けん的な特徴を持っているのでお世辞にも上質とは言えない成分です。

リン酸塩も今ならまだいいですが、一時は海の汚染で使われなくなった手法です。
保湿効果、指通り改善効果は高いものの、総合すると値段に見合う品質とはちょっと違うな、と見ます。

スピック ドレッシングの宣伝文,商品説明:

☆汚れを取っても潤いは残します。
頭皮や肌の汗・脂汚れをしっかり取り除きますが、肌の潤いは残したまま。
洗い流したあとのヌルヌル感は、ドレッシングが肌を守っている証拠です。
この潤いが、従来にない保湿効果をもたらします。
製造から10日以内にお届けします。
☆ドレッシングは、防腐剤は最小限度に抑えられて作られています。
ご注文を頂きましたら、製造から10日以内の新鮮な状態でお手元にお届けできるよう心がけています。
2ヶ月以内に使い切るようにしてください。
☆ドレッシング1本ですべてOK シャンプー、クレンジング、洗顔、ボディーソープとして、1本ですべてにお使い頂けます。
肌の弱い方、乾燥でお困りの方、赤ちゃんからお年寄りまで、どなたにでもお使い頂けます。

スピック ドレッシングの全成分:

水・ココイルサルコシン TEA・ラウラミドプロピルベタイン・パーム核脂肪酸アミドDEA・グリセリン・PEG-5ヤシ脂肪酸アミドMEAリン酸・ポリクオタニウム-10・ラウロイル加水分解シルク Na・ポリクオタニウム-51・ステアリルベタイン・アラントイン・グリチルリチン酸2K・ジラウロイルグルタミン酸リシン Na・ポリクオタニウム-52・パンテノール・ティーツリー葉油・アマモエキス・アルニカエキス・オドリコソウエキス・オランダカラシエキス・ゴボウエキス・セイヨウキズタエキス・ニンニクエキス・マツエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレエキス・オクタン酸セチル・ペンテト酸5Na・PEG-32・BG・香料・メチルパラベン・プロピルパラベン