シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シャンミーク スカルプシャンプー
(ドクターベルツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

シャンミーク スカルプシャンプー

ドクターベルツ


シャンミーク スカルプシャンプー のオススメレベル

シャンミーク スカルプシャンプー の解析結果

平均点高いバランス型


洗浄性、補修性、エキスのスキンケア効果、低刺激性など、全体のバランスがとれた好感度高い逸品。
穏やかな洗浄性に質の高いエキスが乗っかる、良いシャンプーといえます。


アンチエイジングな効果が山盛り


炭を内包したマイルドなアミノ酸系洗浄剤に加え、皮脂コントロール、脱毛抑制、DNA修復効果などを持つエキス類の活躍が期待。
頭皮の状況を改善するために最適な構成をとる逸品です。


[PR]

シャンミーク スカルプシャンプー の全成分:

水、ミリスチルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、ラウリルベタイン、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、グリチルリチン酸2K、エチドロン酸4Na、クエン酸、EDTA-2Na、炭、BG、メチルイソチアゾリノン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル / メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ココイルアルギニンエチルPCA、塩化Na、分岐脂肪酸(C14-28)、ポリクオタニウム-92、ペンチレングリコール、脂肪酸(C14-28)、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体 、エタノール、シイタケエキス、ビワ葉エキス、プラセンタエキス、ウンシュウミカン果皮エキス、レイシエキス、ダイズエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニクエキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、タモギタケエキス、エルゴチオネイン

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーセラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー
ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。
クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体はトンガ原産の天然モズクから得た高分子多糖体で、毛髪表面を潤いで包み洗浄時の刺激緩和、保湿効果を与えます。
プラセンタエキスは保湿、抗アレルギー作用、線維芽細胞増殖促進作用。
ウンシュウミカン果皮エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、血行促進作用、抗アレルギー作用。
レイシエキスは霊芝の子実体を乾燥したもの。抗酸化作用に優れ、免疫増強作用を与える。
ダイズエキスは抗酸化、細胞活性化作用、女性ホルモン様作用による皮脂腺抑制、美白作用、皮膚弾力改善効果などを付与。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
タモギタケエキスは抗酸化作用。
エルゴチオネインはキノコや一部の菌類だけが合成できる抗酸化成分で、DNA損傷や過酸化脂質の生成を防ぐ役割があると見られています。

    シャンミーク スカルプシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.8

  • 素材の品質:4
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:4
  • 頭皮環境改善 4.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2834円
  • 1mlあたり/9.45円

シャンミーク スカルプシャンプー の宣伝文,商品説明:

タモギタケエキス、プラセンタエキスなど髪をいたわる成分を高配合し、髪や頭皮に刺激を与えずやさしく洗い上げる、ノンシリコンシャンプー。
頭皮にやさしいアミノ酸洗浄剤ながら豊かな泡立ち。

[PR]
シャンミーク スカルプシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム