シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サイオス モイスチャーグロス シャンプー(シュワルツコフ ヘンケル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

サイオス モイスチャーグロス シャンプー

シュワルツコフ ヘンケル

syossoil

サイオス モイスチャーグロス シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり1 円
(サイオス モイスチャーグロス シャンプー)600 ml/598 円

サイオス モイスチャーグロス シャンプーの解析結果

世界のヘアスタイリストが広く採用しているサロン仕様のシャンプー、という謳い文句も、本当だとしたら美容師の品格が問われかねません。
とてもプロが認めて使うようなクオリティの製品ではなく、安っぽさを覆い隠してさもいいシャンプーのように見せているだけの一品です。

成分を順に見ていくと、
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホジ酢酸2Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
スクレロカリアビレア種子油はアフリカ南部、南西部に自生するマルーラの木の実から得たオイルで、優れた保湿効果を与えます。
アンズ核油は杏仁豆腐にも使われる甘い香りのオイルで、エモリエント効果を付与するオイルです。
セリシンは絹より抽出精製されるペプタイドで、皮膜形成、ハリ・コシ付与、皮膚の保湿性向上作用。
ケラチン、シルク、シリコン系界面活性剤が感触改良、マイカ(雲母)はツヤ感と透明感が特徴。花崗岩などを由来としているため、光沢が美しい特徴があります。

総合すると、
大きな見せ場としてスクレロカリアビレア種子油、アンズ核油のコンディショニング効果を配合してはいるのですが、
基本的に洗浄剤がチープでデメリットの方が勝る一品といえます。

粗い洗浄性をややエモリエントに感じさせる効果は期待できますが、誤魔化しの範囲を出ない手法にすぎません。

サイオス モイスチャーグロス シャンプーの宣伝文,商品説明:

乾燥してパサつく髪をうるおいで満たすサロン仕様シャンプー。世界のヘアスタイリストも広く採用しているプロフェッショナル処方で、サロン帰りのような美しい髪に仕上げるシャンプー ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用です。
高純度ヒアルロン酸が内側からうるおいで満たし、毛先までみずみずしい髪へ。天然のマルーラオイル(※)が髪の表面をコートし、ツヤ感あふれる髪へ導きます。乾燥してパサつくツヤのない髪用。モダンでクリーンなフローラルの香りです。

サイオス モイスチャーグロス シャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、スクレロカリアビレア種子油、アンズ核油、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、セリシン、アルギニン、パンテノール、クエン酸、ポリクオタニウム-10、PG、水添ヒマシ油、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、PEG-7グリセリルココエート、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、ラウレス-2、ラウレス-4、サリチル酸、オレイン酸PEG-55PG、水酸化Na、マイカ、酸化チタン、PEG-12ジメチコン、安息香酸Na、香料