シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サイオス オイルリペア シャンプー(シュワルツコフ ヘンケル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

サイオス オイルリペア シャンプー

シュワルツコフ ヘンケル

syossoil

サイオス オイルリペア シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり1 円
(サイオス オイルリペア シャンプー)600 ml/598 円

サイオス オイルリペア シャンプーの解析結果

ノンシリコンという売り文句は明らかに誤解を招く点でおすすめしませんが、このシャンプーの場合のように、
明らかにシャンプーとしての質の悪さを誤魔化すための配合である場合はイケてません。
世界のヘアスタイリストが広く採用しているサロン仕様のシャンプー、という謳い文句も、本当だとしたら美容師の品格が問われかねません。
ベースのラウレス硫酸Na。この時点で安っぽく、プロ用ではあり得ません。
ココアンホジ酢酸2Naは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激性を幾分和らげる効果。
アンズ油、ケラチン、シルク、アミノ酸が保湿、ハリコシ、潤滑作用。ただ、それぞれ一時的で大した効能はありません。
その他はちょっとした感触改善剤、アルカリ剤の水酸化Na、水溶性シリコーンのPEG-12ジメチコンなど。

どの角度から見ても一流な要素は全くない、平凡で在り来たり、平均点以下のシャンプーの1つにすぎません。
いくら、CMで演出していたとしても、中身はいたって普通。またはそれ以下の一品です。

サイオス オイルリペア シャンプーの宣伝文,商品説明:

傷んだ髪を芯から補修するサロン仕様シャンプー。世界のヘアスタイリストも広く採用しているプロフェッショナル処方で、サロン帰りのような美しい髪に仕上げるシャンプー ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用です。
プレシャスオイル(※)が髪の芯まで浸透し、しなやかで柔らかな髪に。ダメージ部分の隙間を埋めて補強するため、なめらかで美しい髪へ。特にダメージの気になる髪用。モダンでクリーンなフローラルの香りです。

サイオス オイルリペア シャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、スクレロカリアビレア種子油、アンズ核油、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、セリシン、アルギニン、パンテノール、クエン酸、ポリクオタニウム-10、PG、水添ヒマシ油、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、PEG-7グリセリルココエート、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、ラウレス-2、ラウレス-4、サリチル酸、オレイン酸PEG-55PG、水酸化Na、マイカ、酸化チタン、PEG-12ジメチコン、安息香酸Na、香料