シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプー(Schwarzkopf) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプー

Schwarzkopf

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプー

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: △
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: △
1mlあたり6 円
200 ml/1260 円

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプーの解析結果

シュワルツコフの中ではいまいちな出来。らしくない一品です。

ラウレス硫酸Naをベースに、アルガンオイルやケラチンを見どころにした内容で、

補助洗浄剤にココアンホジ酢酸2Na、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシドという両性2、非イオン界面活性剤1で刺激緩和。

紫外線吸収剤オキシベンゾン-4も配合しています。


全体としては、
おそらく廉価版シャンプーを作ろうという趣旨で登場したモノと思いますが、このクオリティでは誰も喜べません。

肌にも髪にも嬉しい効果の少ない駄作で、
アルガンオイルのエモリエント感、抗酸化作用も活かされない残念な造り。
安上がりにした分だけしっかりと質を落としている印象です。

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプーの宣伝文,商品説明:

すべてにオイル。常識を越えた驚きが呼ぶ実感
オイルがシャンプーになった、洗いながらうるおう髪へ
独自のナノエマルジョンテクノロジーによって洗浄力を損なわず、まるで美容液の入った洗顔料で洗い上げたようなうるおいを髪に与えます。

シュワルツコフ BCオイルイノセンス シャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ジカプリリルエーテル、塩化Na、アルガニアスピノサ核油、オレイン酸グリセリル、加水分解ケラチン(羊毛)、パンテノール、コカミドMEA、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、安息香酸Na、PEG-7グリセリルココエート、ポリクオタニウム-10、PEG-40水添ヒマシ油、オキシベンゾン-4、水酸化Na、PG、黄5、香料