シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
天然堂ナチュラルヘアソープ(天然堂) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

天然堂ナチュラルヘアソープ

天然堂

天然堂ナチュラルヘアソープ

天然堂ナチュラルヘアソープの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: 〇
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: △
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: X
コシを出す感: X
まとまり: △
1mlあたり10 円
150 ml/1500 円

天然堂ナチュラルヘアソープの解析結果

無添加、天然、ノンシリコンを標榜するシャンプーですが、どんな個性を持っているでしょうか。


こういった謳い文句でまともな商品をあまり見たことがないのはさておき、
この製品はマイルド系であり、上質なタッチのココイルグルタミン酸TEAをベースに据え非イオン界面活性剤がエモリエントな感触をより高めているような印象で構成。
ココイルグルタミン酸TEAの泡立ちの少なさをカバーしようというような意図もあるのかと思いますが、洗浄剤の全体は上質というより"おとなしい"印象。
しっとり、もったりした洗い感という感じが近いかもしれません。

その他の成分をピックアップすると、
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ホホバ油はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ミリスチン酸オクチルドデシルはさっぱりとした感触の油性成分。
シコンエキスは別名ムラサキ根エキスともいい、シコニン、アセチルシコニンを含有。高い抗炎症・抗菌性や、創傷治癒効果、ニキビの予防作用などを付与。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。

まとめると、
ベースの洗浄剤も相当しっとり系ながら、添加剤もこれまたしっとり系で揃えた設計となります。
ホホバ、ミリスチン酸オクチルドデシル(←これも油性成分ですがベタつきはなし)、オレンジ油(清浄、香り)といったエモリエント系を配していますね。

ノンパラベンでフェノキシエタノール配合というのはよくあるパターンですが、植物由来にはなったますが全くマイルドにはなっていないことを注意。
ノンシリコン、といいながらミリスチン酸オクチルドデシル(油性感の少ない油性成分)あたりを配合するなら、素直にシリコーンの1つでも配合したほうがよほど感触が良さそうなもの。

こういった難しい点もあり、ただ低刺激に調整されている点やそれなりにコストパフォーマンスも良いところは評価に値するものといえるでしょう。

溢れんばかりのしっとりした感触と、ノンシリコンを愛する方であれば満足に近いものを得られる可能性がある一品です。

天然堂ナチュラルヘアソープの宣伝文,商品説明:

人に優しい素材だけで作った、極上のノンシリコン・天然シャンプーです。
大切なのは、油やシリコンをコートすることではなく水分の補給です。

天然堂ナチュラルヘアソープの全成分:

ココイルグルタミン酸TEA PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油 コカミドDEA コカミドプロピルベタイン ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース ベタイン グリチルリチン酸2K ホホバ油 ラベンダー油  オレンジ油 ヒアルロン酸Na シコンエキス ミリスチン酸オクチルドデシル フェノキシエタノール ポリクオタニウム-10