シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
THE シャンプー IMPOSSIBLE 
(オー・トゥー・コーポレーション
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

THE シャンプー IMPOSSIBLE

オー・トゥー・コーポレーション


THE シャンプー IMPOSSIBLE のオススメレベル

THE シャンプー IMPOSSIBLE の解析結果

とても洗浄力が控えめなリンス的シャンプー


全部まとめてバランスをとろうとしているのは伝わってきますが、いかんせん成分の数があまりにも多すぎるように感じます。

これでは、せっかく質の良い成分を含んでいても、有効性を期待することは難しくなるでしょう。
洗浄性もコンディショニング効果にしても、頭皮環境改善系エキスにしても1つ1つの有効性はぼやけてしまっていて、あまり際立つ違いを髪に残せないものと見ます。


マイルド志向ながらpHは微アルカリ?


ヘマチン含有という点を考えれば、全体のpHは中性〜弱アルカリ性とみるのが普通で、マイルドそうな洗浄剤のわりに脱脂力はしっかり持っていそう。
逆にいえば、さほど肌に優しいとはいえないタイプかもしれません。
どちらかといえば、髪の強さ、潤い、滑りをアップさせたいリンスインシャンプー的な要素が強いようです。

たっぷり潤いで包みながらコンディショニング効果を残す、バランスは大胆ながら比較的良いタイプといえます。
しかし、全部が理想的とはいえず、やや個性が少なく珍しくもない程度のコンディショニング作用であったり、洗浄性の甘さは好みを分けるところ。

高額な値段のわりにはメリットが一時的な感触改良だけ、ということも充分に考えられます。


[PR]

THE シャンプー IMPOSSIBLE の全成分:

水、ココイル加水分解コラーゲンNa、ラウロイルシルクアミノ酸Na、ラウロアンホ酢酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ココアンホ酢酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、ラウリルグルコシド、ヘマチン、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウムー61、ヒドロキシプロピルキトサン、グルコシルトレハロース、ココイルアルギニンエチルPCA、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベタイン、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウムー10、アロエベラ液汁末、ポリクオタニウムー7、グリセリン、フラーレン、トコフェロール、グリチルリチン酸2k、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、パンテノール、ローズマリーエキス、褐藻エキス、ペンチレングリコール、BG、DPG、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、レモン果実エキス、オレンジエキス、サトウカエデ樹液、グリコール酸、レウコノストック/ダイコン根発酵液、フェノキシエタノール、エタノール、カプリリルグリコール、ペンテト酸5Na、クエン酸、オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、ラベンダー油、<キャリーオーバー>PVP、塩化Na、酢酸Na、酸化Mg、メチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロパノール、ソルビン酸

主な成分の解説をみるココイル加水分解コラーゲンNaはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。
ラウロイルシルクアミノ酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。
ラウロアンホ酢酸Naは両性界面活性剤。肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与え、洗浄剤の刺激を抑制します。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
PEG-20ソルビタンココエートは乳化剤ですが、若干皮脂バリヤを取っていくような乳化作用も持つため、完全に肌に良いという処方ではありません。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ポリクオタニウム-61(リピジュア NR)は人の細胞膜を構成するリン脂質をモデルにした水溶性ポリマー。ヒアルロン酸の2倍の保湿力と持続性を持ち、生体適合性を持つ安全性の高い成分です。
ヒドロキシプロピルキトサンは毛髪強度向上、枝毛防止、乳化安定向上、帯電防止効果、抗菌作用を付与する優れた皮膜剤。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)(エルデュウ CL-301)はセラミド同様にラメラ液晶を形成するセラミド類似体で、エモリエント効果を付与します。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
でんアロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
フラーレンは1996年クロトー博士に発見されたノーベル化学賞受賞成分で、ビタミンCの125倍の抗酸化作用、プラセンタの800倍のコラーゲン産生促進作用を持つ成分。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。カミツレ,セイヨウオトギリソウ,トウキンセンカ,ボダイジュ,ヤグルマギク,ローマカミツレエキスは角質水分量増加、抗炎症作用、抗酸化作用を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
オトギリソウエキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、収斂作用。
グリコール酸はサトウキビ、ブドウの実、葉に含まれる有機酸で、化粧品原料ではクロロ酢酸やグリシンを基に合成。角層の柔軟、除去効果により乾燥してザラついた肌を滑らかにするピーリング効果を有するレウコノストック/ダイコン根発酵液は、菌の増殖を抑える作用があるため、肌を清潔に保ち、吹き出物など菌に起因するトラブルの予防にも有効とされています。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
サトウカエデ樹液はメープルシロップエキスのことで、保湿、細胞活性化、毛髪ダメージ補修効果を与えます。

    THE シャンプー IMPOSSIBLE の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:4
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/320ml
  • 価格/4104円
  • 1mlあたり/12.83円

THE シャンプー IMPOSSIBLE の宣伝文,商品説明:

髪を形づくるたんぱく質に最も近い《たんぱく質系洗浄剤》を採用。
IMPOSSIBLEならではの快適な使用感と、なめらかで自然なツヤの仕上がりをお楽しみいただけます。

[PR]
THE シャンプー IMPOSSIBLE 2017 (c)シャンプー解析ドットコム