シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
トリートメントインシャンプー・すぐつや 
(リアル化学
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

トリートメントインシャンプー・すぐつや

リアル化学


トリートメントインシャンプー・すぐつや のオススメレベル

トリートメントインシャンプー・すぐつや の解析結果

低刺激かと思わせながら・・


一見すると単純なアミノ酸系シャンプー剤に見えますが、ところどころに疑問点も。
アミノ酸系の洗浄剤はいかにもしっとり系で、使用感そのものは上質といえるでしょう。
ただし、ヒマシ油はかぶれる可能性が指摘される油であり、単品配合はいただけない。
マイルドそうなわりに、重曹(炭酸水素Na)やオレンジ油で脱脂力を案外持たせている。
特に、皮脂バリアを余計に奪いかねない、意外に強力なクレンジング力を発揮する可能性も。

諸々考慮すると、少しバランス感の悪い印象が目立ちます。


[PR]

トリートメントインシャンプー・すぐつや の全成分:

水、ココイルグルタミン酸2Na、プロパンジオール、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、加水分解シルク、BG、炭酸水素Na、白金、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、シロキクラゲ多糖体、オレンジ油、イランイラン油、チョウジ花油、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、ユーカリ葉油、乳酸桿菌/(オウゴン根/チャ葉/ヨモギ葉/ドクダミ葉/ユズ果実エキス)発酵液、炭酸Na、ヒマシ油、クエン酸

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸2Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
プロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
白金は抗酸化作用の触媒として働き、永続的に活性酸素を除去、また消臭効果も付与。
炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
シロキクラゲ多糖体はキノコの一種で、楊貴妃が美容維持のために珍重していたという高級食材。
高い保湿力と、湿度に対する安定性、耐塩性の高い保湿剤です。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
パルマローザ油はゼラニウムを穏やかにしたような柑橘系の香りが特徴で、気分リフレッシュ効果、鎮静効果を与えます。
乳酸桿菌(オウゴン根/チャ葉/ヨモギ葉/ドクダミ葉/ユズ果実)エキス発酵液は抗菌・酸化防止効果など、品質安定剤として用いられます。
ヒマシ油はこのままの形では肌がかぶれるケースが多く、最近の処方ではほとんど配合されることは少ないオイルです。

    トリートメントインシャンプー・すぐつや の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/400ml
  • 価格/2052円
  • 1mlあたり/5.13円

トリートメントインシャンプー・すぐつや の宣伝文,商品説明:

1本でしなやかな髪へ。
「プラチナシルク」が洗髪しながらダメージ補修。

[PR]
トリートメントインシャンプー・すぐつや 2017 (c)シャンプー解析ドットコム