シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー
(資生堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー

資生堂


TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー のオススメレベル

TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー の解析結果

これでどうやってダメージケアするというの?


ラウレス硫酸Naをベースとしたダメージケアとは縁もゆかりもない強洗浄シャンプー
肌刺激がさらに強いステアルトリモニウムクロリドまで加えて、手っ取り早く感触を改善させるが、肌を傷めるという特徴を持たせています。


言うまでもなくオススメしない内容で、ダメージをケアしたいならもっと良質な製品がいくらでもあります。
これはだめ。


[PR]

TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、ソルビトール、DPG、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、ステアルトリモニウムクロリド、ツバキ種子油、塩化Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コンキオリン、アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液、硫酸Na、ジメチコン、ラウリン酸PEG-2、クエン酸、EDTA-2Na、ココイルメチルタウリンタウリンNa、BG、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料、黄5、黄4

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)は、アセチル基を持つ構造により肌と親和性を高め持続性を持たせています。ヒアルロン酸の2倍に及ぶ水分保持能力。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ラウリン酸 PEG-2は、コカミドDEAよりも優れた増粘効果と、発がん性のリスクのない構造が特徴。

    TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.4

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/550ml
  • 価格/893円
  • 1mlあたり/1.62円

TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー の宣伝文,商品説明:

髪と地肌をWケア! 新着目! 美しい髪の鍵は地肌のやわらかさにもありました 【椿麹つけこみ美容*】 地肌をときほぐすとともに、髪を芯までうるおいで満たし、なめらかな至福の手触りに *椿麹S(ツバキ麹発酵エキス、ソルビトール:毛髪頭皮 柔軟・保湿)配合、地肌まで行き渡らせ、マッサージするように使用する使用法 ケミカルダメージを補修 カラー・パーマなどのくり返しによりあれがちな地肌を健やかに整え、傷んだ髪を内側から補修 毛髪補修成分(パールプロテイン、アルギニン) :*果実に花の息吹を加えた、ナチュラルなフローラルグリーンの香り。

[PR]
TSUBAKI ツバキ ダメージケアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム