シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
TSUBAKI シャイニングシャンプー
(資生堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

TSUBAKI シャイニングシャンプー

資生堂


TSUBAKI シャイニングシャンプー のオススメレベル

TSUBAKI シャイニングシャンプー の解析結果

どこがシャイニング


単純なラウレス硫酸Naベースの高脱脂シャンプーであり、
何もシャイニングな要素を見せていないところがポイント。


紫外線吸収剤や抗酸化作用をわずかに含ませているものの、
洗浄力が強すぎというデメリットを覆すほどではありません。


[PR]

TSUBAKI シャイニングシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、塩化Na、セージ油、ツバキ種子油、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ローズヒップ油、ポリクオタニウム-11、ワイルドタイムエキス、ショウキョウエキス、ツバキ花エキス、ジバルミチン酸アスコルビル、硫酸Na

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
セージ油はシソ科のハーブで、少量で非常に強い作用があります。妊娠中は使用を避けるべき。気分をリフレッシュさせたいとき、集中力を高めたいときに用いられます。
ツバキ種子油カメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン(チノソーブS)はUV-A、B両波を吸収し、優れた光安定性を持つ紫外線防御成分です。
ローズヒップエキスは優れた整肌作用を持つ。収れん作用、抗酸化作用、保湿作用を付与。
ワイルドタイムエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、収れん作用、抗菌作用、発汗作用。
ショウキョウエキスはショウガの根茎から抽出。血行促進、殺菌、発汗促進作用をはじめ、メントールの清涼作用を増強させる効果も。
ツバキ花エキスは抗酸化作用、5α-リダクターゼ阻害作用(抗男性ホルモン様作用)を発揮。
ジパルミチン酸アスコルビルは油溶性のビタミンC。抗酸化作用を肌になじませながら浸透させます。

    TSUBAKI シャイニングシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/550ml
  • 価格/893円
  • 1mlあたり/1.62円

TSUBAKI シャイニングシャンプー の宣伝文,商品説明:

ヘッドスパ美容で根元からふんわり、弾力のある艶髪へ。シャンプー。毛髪メラニンホール補修成分※配合。ツヤをくすませる原因となっていた髪内部の毛髪メラニンホールを徹底補修し、内側から輝く艶髪へ。※アルギニン。クリーミーな泡で老廃物をすっきり洗浄。自然の恵みと花々の温もりが、心身をときほぐすリラックスアロマの香り。

[PR]
TSUBAKI シャイニングシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム