シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ツヤツヤ馬油シャンプー(アーバンエンタープライズ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ツヤツヤ馬油シャンプー

アーバンエンタープライズ


ツヤツヤ馬油シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感:△
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:X
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり1.6 円

ツヤツヤ馬油シャンプーの解析結果

むしろツヤを奪うようなシャンプーという方がシックリくるタイプ。


市販でもトップクラスといえる安上がりな洗浄剤を並べ、お世辞にもつやつやとは表現しにくい製品であるといえます。

これほど脱脂力が高くては、髪や頭皮のバリア成分を奪っていく一方なので、
本来在るべきツヤ感を損なう方が強い一品とみていいでしょう。

わずかに馬油やシリコーンを加えた程度ではカバーしきれない洗浄力を持っています。

総合的な印象としては、わざわざ選んで買うほどの価値は見当たらず、
そっと陳列棚の目立たない場所に飾っておくべき一品となるでしょう。

ひとことで言えば、オススメではありません。


主な成分の解説

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
馬油は人間の皮脂に非常に近い組成を持ち、肌なじみが優れべたつかずに高い保湿作用を付与します。その他、美肌、コンディショニング効果、創傷治癒促進、抗炎症作用などを付与。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。 加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。

ツヤツヤ馬油シャンプーの全成分:

水、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウレス硫酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、馬油、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ベタイン、PCA-Na、ソルビノール、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、ポリクオタニウム-10、ラウリルベタイン、BG、アモジメチコン、(C12-14)パレス-12、乳酸、カラメル、塩化Na、リン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

ツヤツヤ馬油シャンプーの宣伝文,商品説明:

◆高濃度配合した馬油(保湿成分)が髪に浸透、輝きのあるツヤツヤの髪に仕上げます。
◆8種類のアミノ酸(保護成分)が紙にハリコシを与え、扱いやすい髪へ導きます。
◆マリンコラーゲンとシルクプロテイン配合によりダメージ部分を保護、補修し、髪に滑らかな感触を与えます。
◆髪と地肌のことを考えた弱酸性処方です。