シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウルテクラム ラベンダー シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ウルテクラム ラベンダー シャンプー

ウルテクラム


ウルテクラム ラベンダー シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
洗浄力:◯
安全性:x
補修力:x
潤滑性:x
うるおい:x
1mlあたり6.7円
(ウルテクラム ラベンダー シャンプー)250ml/1680円

ウルテクラム ラベンダー シャンプーの解析結果

オーガニックのダメな例

アロエをベースにしているあたりは、オーガニック感の欠片くらいのものを感じさせますが、
総合的に見てもシンプルで質素。
さらにココアルキル硫酸Naを据えているベースはアウト。
肌に全く優しいとはいえない、まずい処方といえます。



際立ったメリットもなく

使用感や、香りといった面ではオーガニックらしい優しい心地を味わえる一品であると言えますが、
実際にはラウリル硫酸Naの添加や、防腐面で心許ない部分もあり、1つの製品としては完成度が低いと言ってもいいでしょう。
刺激性も一見低いように感じますが、実際には浸透性のあるラウリル硫酸Naの存在は決して少量ではないので、
どうにも中途半端な造りと言わざるを得ません。




主な成分の解説

アロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココアルキル硫酸Na(ラウリル硫酸Naとほぼ同じ)は浸透力が強く、脱脂がきつい最低レベルの洗浄剤。
ココイルグルタミン酸Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。

ウルテクラム ラベンダー シャンプーの宣伝文,商品説明:

最高品質のハーブをたっぷりと使用したシャンプーです。
パーム油、ヤシ油など植物油由来の洗浄成分です。
豊かな泡立ちできしまずに洗いあげます。ふんわりとした仕上がりです。
頭皮をいたわりながらさっぱりと洗い上げます。やわらかなラベンダーの香りです。

ウルテクラム ラベンダー シャンプーの全成分:

水、アロエベラジェル、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油アルキルグルコシド、ココアルキル硫酸Na、グリセリン、ココイルグルタミン酸Na、ラベンダーエキス、クエン酸、ラベンダー油