シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー
(パシフィックプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー

パシフィックプロダクツ


ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー のオススメレベル

ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー の解析結果

粗く、削るようなシャンプー


洗浄剤の質の低さもさることながら、サンゴ末を含み、石鹸も含み、低品質に輪をかけてシャンプーとしてのクオリティを下げにかかる内容。


色々と論外


脱脂力の強さで肌バリアを損ない、スクラブ効果でさらに傷み、アルカリ性寄りで肌バリアを溶かし、刺激性で肌を荒れさせる、そんなシャンプーをお好みの方に向いています。


[PR]

ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー の全成分:

水・オレフィン(C14-16)・スルホン酸Na・コカミドDEA・ココイルメチルタウリンNa・ココイルサルコシンTEA・コカミドプロピルベタイン・塩化Na・ココイルアラニンTEA・オレス-10リン酸・ココアンホ酢酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・ヤシ脂肪酸TEA・サンゴ・ラウラミノプロピオン酸Na・ヒドロキシプロピリトリニウム加水分解ケラチン・ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデジル/フィトステリル/ベヘニル)・ジパルミチン酸ピリドキシン・トコフェロール・ビタミンA油・パンテノール・DNA-K・スクワラン・ホホバ油・ダイズ油・甘草エキス・カロットエキス・カロチン・クエン酸・ポリクオタニウム-10・BG・グリセリン・ステアリン酸ボリグリセリル-4・ジステアリン酸グリコール・フェノキシエタノール・メチルパラペン・香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウリミノジプロピオン酸Naは両性界面活性剤で洗浄剤の刺激緩和やコンディショニング効果を与えます。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(プロティキュート)はカチオン化されたケラチンで、ダメージ部へのハリ・コシ改善、指通り・ツヤ・カラーロック効果を付与。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。

    ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/700ml
  • 価格/3110円
  • 1mlあたり/4.44円

ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー の宣伝文,商品説明:

余分な皮脂や毛穴の汚れを除去するSCF洗浄剤とコーラルパウダー(天然珊瑚)の働きにより、重傷の髪と地肌をやさしくディープクレンジングする複合アミノ酸系シャンプーです。

[PR]
ヴェンクス スーパーエクシード シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム