シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヴィアール3 シャンプー
(ルーヴルドージャパン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヴィアール3 シャンプー

ルーヴルドージャパン


ヴィアール3 シャンプー のオススメレベル

ヴィアール3 シャンプー の解析結果

高額である理由が全く見当たらない雑なシャンプー。


きつい脱脂力は市販の安いシャンプーと同等か、それ以下であり、
どこにも価値を見出すことはできない一品であります。

コンディショニング効果があるわけでもなし、スキンケア能があるわけでもなし。
ひたすらに洗浄力が高いという以外にない製品です。


[PR]

ヴィアール3 シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸TEA、ラウリルベタイン、ステアリン酸PEG-40、DPG、ココイルサルコシンNa、BG、バチルス発酵物、ダイズ芽エキス、チトクロームC、ホホバ種子油、PCAイソステアリン酸PEG-30水添ヒマシ油、コムギ胚芽油、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、メチルパラベン、イソステアロイル乳酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、クエン酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、塩化Na

主な成分の解説をみるラウレス硫酸TEAは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ダイズ芽エキスは「ポリアミン」を含有。抗糖化、抗紫外線、細胞活性化、コラーゲン産生促進作用。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
コムギ胚芽油はビタミンEの抗酸化力、リノール酸などのエモリエントオイルを豊富に含む小麦胚芽抽出油。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。

    ヴィアール3 シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/1000ml
  • 価格/5985円
  • 1mlあたり/5.99円

ヴィアール3 シャンプー の宣伝文,商品説明:

髪の表面をコーティングして見栄えをよくするケアにしても、髪にたっぷり栄養を与えるトリートメントやヘアーパックにしても、
髪に穴があいている状態であれば、何度ケアしても元のダメージヘアーの状態に戻ってしまいます。
だからヘアーホスピ制度の復元ケアは、25年間、髪を研究した結果。
髪は生きている。生きているということは傷んで穴のあいたキューティクルは治せる。

[PR]
ヴィアール3 シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム