シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー
(フィッツコーポレーション
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー

フィッツコーポレーション


ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー のオススメレベル

ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー の解析結果

単なる荒削りな脱脂シャンプー


安上がりな典型パターンのシャンプーです。
ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタインという典型的な安上がり処方で、無駄に脱脂力が強く、泡立ちが粗い一品。
添加成分は多少見どころがあるものの、メリットがデメリットを上回る可能性は低い


[PR]

ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、塩化Na、アルガニアスピノサ核油、メドウフォーム-δ-ラクトン、アマニ油、クランベリー種子油、マカデミアナッツ油、アンズ核油、プルケネチアボルビリス種子油、オリーブ油、ヤシ油、ガーデニアタヒテンシス花エキス、ローズ水、ケラチン、セラミド2、オウゴンエキス、トコフェロール、ポリクオタニウム-10、ジステアリン酸PEG-150、DPG、ペンテト酸5Na、PG、BG、クオタニウム-18、クオタニウム-33、コレステロール、フェノキシエタノール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、エタノール、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
アルガニアスピノサ核エキスはアルガンの核から抽出したエキスで、目尻のシワ、首元のシワの改善、抗酸化作用、ハリ・引き締め作用を付与。
メドウフォーム-δ-ラクトンはメドウフォーム種子油のラクトン誘導体で、毛髪ケラチンのアミノ基とアミド結合を形成。
潤滑性、カラー剤の刺激緩和、キューティクル保護作用を付与。
アマニ油は亜麻の種から抽出したオイルで、オメガ3、オメガ9といった必須不飽和脂肪酸をバランスよく含有。アトピー、肌荒れの改善に文字通り必須な成分を含むことから利用されています。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
アンズ核油は杏仁豆腐にも使われる甘い香りのオイルで、エモリエント効果を付与するオイルです。
プルケネチアボルビリス種子油,はインカチオイルと呼ばれる必須脂肪酸ω3を含有するオイル。抗アレルギー作用、抗アトピー作用、保湿力強化など。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。

    ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/1350円
  • 1mlあたり/5.4円

ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー の宣伝文,商品説明:

頭皮も髪もオイルで洗い、潤いを残しながら洗い上げるノンシリコン・オイルシャンプーです。
うるおいを与えるオイルヘアエステ。
植物の力(アルガンオイル)×サロン品質(ダメージ毛補修効果オイル)で柔らかさらさらヘアへ。

[PR]
ヴィーナススパ ノンシリコンオイルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム