WAKANA(ワカナ) ハーバル シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

WAKANA(ワカナ) ハーバル シャンプー

セルレ

WAKANA(ワカナ)

WAKANA(ワカナ) ハーバル シャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:△
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:X
1mlあたり4.2円
550ml/2310円

WAKANA(ワカナ) ハーバル シャンプーの解析結果

アラニン、ベタイン、タウリン系洗浄剤がベース。
非常にマイルド、しっとり感のある洗い心地です。
あとは保湿、頭皮環境を考えたエキスなどです。
全体的にとても低刺激で、肌に優しいベビーシャンプーのような内容。
さっぱり感には乏しく、優しく優しく洗い上げる。
ただし商品説明にある「シリコンを含まず髪・地肌をいたわり・・」や石油系界面活性剤がアレルギーや肌トラブルの原因になりやすい・・などの
記述は誤解を生む。
シリコンは無害であり、石油系(?)界面活性剤の中でも肌刺激がほとんどないものも存在する。

間違った説明で自社の製品がいかにも安全である、と訴えるのはよくない。
さらには変異原性の可能性があると言われるBHTを使っているのは"トラブルになりやすく"ないのだろうか。
※BHTは発がん性の疑いがあると言われていたが(実際にまだ患者がでたわけではない)、変異原性という遺伝子情報に影響を与える可能性も指摘されている。
ただし、これは食品に含まれた場合であり、シャンプーなどでは食べるのに比べればずっと影響は少ない。
日本では食品への添加は禁止されています。

WAKANA(ワカナ) ハーバル シャンプーの宣伝文,商品説明:

毎日使用するシャンプー、トリートメントでは、シリコンを含まずに髪・地肌をいたわりケアする成分を用いて、
髪・地肌そのものを健康的な状態へと整えることを目的としたヘアケアシリーズ「WAKANA」
汚れをしっかりと落とし、保湿成分を毛髪・頭皮にしっかりと届けます。
また、アレルギーや肌トラブルの原因となりやすいアルコールやパラベン、石油系界面活性剤も使用していません。

全成分:

水、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、センブリエキス、 センキュウエキス、クララエキス、アカヤジオウ根エキス、ヨモギエキス、オタネニンジン根エキス、イチョウ葉エキス、 加水分解ダイズエキス(黒大豆)、ビワ葉エキス、ユズ果実エキス、BG、グリセリン、塩化Na、クエン酸、 ラウラミドプロピルアミンオキシド、ポリクオタニウム-10、安息香酸Na、PPG-9、EDTA-2Na、BHT