シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) (PHILIP B.(フィリップビー) ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド)

PHILIP B.(フィリップビー)

ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) の格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
洗浄力:◯
安全性:△
補修力:△
潤滑性:X
うるおい:X
1mlあたり 16円
(ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) ) 220ml/ 3675円

ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) の解析結果

「私を起こして」的なシャンプーのようですが、
これで目覚めがよくなる理由は、次の2点あるかもしれません。
1つは、ラウレス硫酸Naがほぼ単独の洗浄剤である点。非常に洗浄力が高く、ゆっくり洗ってたらどんどん皮膚のバリヤが壊され、皮膚、髪はばさばさ。これは目覚めをよくするかもしれません。
2つめ。こっちの方がインパクトがあるかもしれません。
ラレアディバリカタ葉エキスは除毛エキスと言われ、毛を薄くしていって自然に脱毛できる天然エキスといわれていますから、
こんな成分がシャンプーに入っていると思えば、目覚めもきっと良くなるに違いありません。
何しろ、できるだけ早くお湯ですすがないと薄毛のリスクはどんどん上がっていくでしょうから。

個人的には、たとえアボカドやアーモンド、ダイズ、ヘンナといった成分で潤滑性を感じることができるとしても使いたくなりはしない一品であります。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
ホクベイフウロソウエキス鎮静・抗炎症作用を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
スギナ,ホップ,マツ,レモン,ローズマリーエキスはエラスチン保護、角質水分量増加、抗酸化作用を付与。
ラレアディバリカタ葉エキスは毛母細胞に直接作用して、毛の密度を持続的に減らす効果があるキャピスローの主成分。
コンフリー葉エキスは育毛・エラスチン保護、抗炎症作用。

ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) の宣伝文,商品説明:

汚れや残留物を洗い流すシャンプー。
16種類の植物エキスと11種類のエッセンシャルオイル、
ペパーミントオイル配合で頭皮を癒し、血行を良くします。
髪のかがやきと弾力性、活力を取り戻し、頭皮を清潔にすっきりとさせます。
カラーリングをした髪にも安心です。

ウエイクミーアップシャンプー (ペパーミント&アボカド) の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ポリソルベート20、香料、アボカダミドDEA、アボカド油、PG、アーモンドエキス、クチナシエキス、ホクベイフウロソウエキス、ラベンダーエキス、オリーブ果実エキス、クログルミ殻エキス、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、加水分解ダイズタンパク、カミツレエキス、ホップエキス、カナダヒドラスチスエキス、ローズマリーエキス、ハマメリスエキス、ヘンナエキス、ヒバマタエキス、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク、イランイラン油、ホホバ油、ゴマ油、ピーナッツ油、イラクサ葉エキス、ラレアディバリカタ葉エキス、コンフリーエキス、スギナエキス、ゴボウエキス、ドイツトウヒ葉エキス、クルミ殻エキス、セイヨウイソノキ樹皮エキス、クエン酸、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、青色1号、黄色4号、赤色504号