シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー
(BEAUTY PRIDE
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー

BEAUTY PRIDE


WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー のオススメレベル

WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー の解析結果

美容液レベルの添加成分を含む、さっぱり系シャンプー


とりわけ豪華な美容液成分、ノーベル賞成分まで含むアンチエイジングな効果は、一般的なシャンプーの常識とはレベルが違うものになっています。
単純に言って、この強力なアンチエイジング効果や肌の再生効果といえる成分の期待値は高いものです。


洗浄剤が少し残念


エキス類の質の高さに比べ、洗浄剤は若干クオリティが落ちるような印象を拭えません。
きめ細かい泡立ちで感触は良いのですが、ココイルグリシンKは石鹸のような脱脂力や刺激性も感じられる成分。
さらに、アルカリ性でより活躍する特徴を持つので、このシャンプーが弱酸性とは考えづらいものがあります。

そうなってくると、単純に洗うシャンプーとしてはやや皮膚に負担がありがちですし、カラー毛やパーマ毛、ダメージ毛には向きません。
さらに、洗って流してしまうシャンプーの中で、これらの有効成分(エキス類など)がどれほど残存し、影響力を残せるか、という視点で見ると必ずしも有効性が傑出しているとは見えません。

間違いなく、一般的なシャンプーよりは様々な特典付きであり、特に頭皮の環境への良好な作用は期待値が高いものといえます。
より美容液部分の効果を最大限に引き出し、かつ値段に相応しいものを考えると、洗浄剤の部分は少し改善の余地があるかなと見ます。

全体的には今後のアップデートが楽しみな、ポテンシャルの高いシャンプーといえるでしょう。


[PR]

WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー の全成分:

水,ラウラミドプロピルベタイン,ココイルグリシンK,コカミドDEA,グリセリン,DPG,ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン,フラーレン,ポリクオタニウム-22,フェノキシエタノール,グリコシルトレハロース,ペンチレングリコール,クエン酸,香料,加水分解水添デンプン,エチルヘキシルグリセリン,カプリル酸グリセリル,カプリン酸グリセリル,ラウリン酸ポリグリセリル-2,安息香酸Na,ラウリン酸ポリグリセリル-10,クエン酸Na,ペンテト酸5Na,フィチン酸,BG,酸化銀,トコフェリルリン酸Na,エタノール,アスコルビルリン酸Na,コメヌカエキス,パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na,ヒアルロン酸Na,加水分解ケラチン,加水分解ヒアルロン酸,水添レシチン,サトウカエデ樹液,ビート根エキス,ラウロイル加水分解シルクNa,ハベルレアロドペンシス葉エキス,PVP,ジパルミチン酸ピリドキシン,シア脂,スクワラン,リンゴ果実培養細胞エキス,加水分解シルク,酵母エキス,シャクヤク根エキス,ソウハクヒエキス,キサンタンガム,セージ葉エキス,加水分解コラーゲン,メリッサ葉エキス,加水分解コンキオリン,モウソウチクたけのこ皮エキス,ガゴメエキス,サクシノイルアテロコラーゲン,ダイズ発酵エキス,レシチン,アルニカ花エキス,セイヨウオトギリソウ花,葉,茎エキス,セイヨウキズタエキス,セイヨウトチノキ葉エキス,ハマメリス葉エキス,ブドウ葉エキス

主な成分の解説をみるココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインは低刺激性の両性界面活性剤で、起泡性の向上と洗浄中のコンディショニング効果を与えます。
フラーレンは1996年クロトー博士に発見されたノーベル化学賞受賞成分で、ビタミンCの125倍の抗酸化作用、プラセンタの800倍のコラーゲン産生促進作用を持つ成分。
ポリクオタニウム-22はカラー剤を均一に染める効果や、コンディショニング効果を付与。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na=アプレシエ(APPS)は空気中でも酸化安定性を有する油溶性ビタミンC誘導体で、抗酸化作用、コラーゲン生成能促進といった効果を付与。
水添レシチンはDDS(ドラッグデリバリーシステム)に使われるカプセル化、ナノテク素材です。
サトウカエデ樹液はメープルシロップエキスのことで、保湿、細胞活性化、毛髪ダメージ補修効果を与えます。
ビート根エキスは保湿、整肌作用を付与。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
モウソウチクたけのこ皮エキスは真皮ヒアルロン酸産生促進作用、コラーゲン合成促進作用により肌にハリ・弾力を与える効果。
ガゴメエキスF-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。

    WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/8640円
  • 1mlあたり/28.8円

WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー の宣伝文,商品説明:

業界初!Wフラーレン配合。APPS+E(TPNA)を黄金比率にて贅沢配合。
シルク系コラーゲン高タンパク(PPT)、最高峰の成分を高濃度で配合。
地肌の奥からエイジングケアを目指します。

[PR]
WF(ダブルフラーレン)モイスチャーシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム