シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウアオ クールベジシャンプー(ハラ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ウアオ クールベジシャンプー

ハラ


ウアオ クールベジシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★★
洗浄力:◎
安全性:X
補修力:X
潤滑性:X
うるおい:X
1mlあたり5 円

ウアオ クールベジシャンプーの解析結果

最悪レベル。脱脂するしか能がない、しかも浸透して肌荒れ確実。


一度ですら使うべきではない、強力すぎる脱脂性。
これはもう、機械洗浄とか、そういったレベルで使うような洗浄剤と考えるべきでしょう。


注目ポイント

ラウレス硫酸Na&ラウリル硫酸Na+オレフィン(C14-16)スルホン酸Naという破壊力抜群のクレンジング力!
褒めているのではありません。
危険といっても過言でないほどのダメっぷり、肌荒れ直行の浸透する脱脂力です。
ほかの成分を見ても、肌刺激性を追加するような要素もあったりして全くダメ。


注意点

ほとんど全てにおいて注意、というより使うべきではない。


総評

少し強い洗浄力というレベルではありません。
めちゃくちゃに強い脱脂力です。
いくら整髪料をつけていようが、これでは明らかに過剰。
皮膚・髪のバリア成分も一掃し、肌荒れを引き起こすのは目に見えています。
最高レベルに安っぽい材料で、人体のことは二の次という完全に良くないシャンプーの1つと紹介します。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
メントールの清涼作用。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油はピロリドンカルボン酸と多価アルコールによる非イオン界面活性剤で、増粘、乳化安定、可溶化剤として優れた成分。
カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を持つ。
クロラミンTは芳香族スルホン酸アミドの殺菌防腐剤です。粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流すものに対して100g中に0.30gまで配合可、粘膜に使用する場合は使用不可の成分です。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。

ウアオ クールベジシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウリル硫酸DEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、ココアンホ酢酸Na、メントール、オレアミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-10、乳酸メンチル、メチルパラベン、クエン酸、EDTA-2Na、カキタンニン、クロラミンT、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、シソエキス、アロエベラエキス-1、オリーブ油、カロットエキス、トマトエキス、キュウリ果実エキス、香料

ウアオ クールベジシャンプーの宣伝文,商品説明:

■マイルドな爽快感が(長時間)欲しい方に
■スッキリと洗い上げたい方に
■リフレッシュな香りを楽しみたい方に