シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハイビスカス・ヘアシャンプー(ゆめじん有限会社) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ハイビスカス・ヘアシャンプー

ゆめじん有限会社


ハイビスカス・ヘアシャンプーの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
洗浄力:△
安全性:◯
補修力:X
潤滑性:△
うるおい:◯
まとまり:△
1mlあたり10 円
300 ml/2940 円

ハイビスカス・ヘアシャンプーの解析結果

しっとり感を強調した美肌シャンプー。



注目ポイント

マイルドなアミノ酸系洗浄剤を軸に、たっぷりのエモリエントな感触を特徴としている一品です。


注意点

スクロースという糖をかなり多めに配合している風変わりなシャンプーで、しっとりというよりべたつくのではないかと思われるのが気がかり。

洗浄剤は多少さっぱり仕上げを意図していますが、こちらもしっとりした使用感を特徴とした洗浄剤で二重にしっとりですね。
ハイビスカス、月桃葉など沖縄特有のエキスがアンチエイジング効果を連想させますが、どうも使い勝手に問題がある印象。


総評

過剰にしっとりさせすぎかな、という印象で、
マイルドとは別の違和感を感じる優しさとでも言いましょうか、やや湿度高めな仕上がりがオススメ度を低下させます。
エキス類は悪くないのですが、バランスの問題で難ありという印象です。


主な成分の解説

ハンノキ水がベースの水にミックスされ、消臭効果などを付与。
スクロースショ糖で、高い保湿性がありますがベタつきのあるタッチ。
ココイルグルタミン酸Kはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ハイビスカス花エキスはシアニジンの配糖体を含むエキスで、抗炎症、皮膚細胞の活性化を付与。さらに、ピルビン酸による整肌作用でヨクイニンのような効果
メントールの清涼作用。
ピリドキシンHCl はビタミンB6ことピリドキシンの塩酸塩。卵黄にも含まれるたんぱく質や脂肪の代謝に関わる成分で、抗アレルギー作用、皮脂コントロール、肌荒れ防止目的で配合。
ゲットウ葉エキスは、沖縄では一般的なショウガ科の多年草で、コラーゲン産生促進、コラーゲン保護、線維芽細胞増殖促進作用、美白作用を付与。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。

ハイビスカス・ヘアシャンプーの宣伝文,商品説明:

ハイビスカス ヘアシャンプーは、天然の保湿成分 植物性ヒアルロン酸(ハイビスカス葉エキス)配合
“保湿力”と“優しさ”に徹底してこだわった、“髪”と“地肌”に優しく、潤い豊かな無添加のアミノ酸シャンプーです。

ハイビスカス・ヘアシャンプーの全成分:

水 、ハンノキ水 、スクロース 、BG 、ココイルグルタミン酸K 、 ラウラミンオキシド 、ココイルメチルタウリンNa 、 ラウリン酸スクロース 、ココイルグルタミン酸Na 、 ポリクオタニウム-10 、クエン酸 、ハイビスカス葉エキス 、 フェノキシエタノール 、メントール 、グリチルリチン酸2K 、 ピリドキシンHCl 、ゲットウ葉油 、ティーツリー油 、ラベンダー油