シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジェルム(jerm) PROトリートメント
(彩都
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ジェルム(jerm) PROトリートメント

彩都


ジェルム(jerm) PROトリートメント
ジェルム(jerm) PROトリートメント のオススメレベル

ジェルム(jerm) PROトリートメント の解析結果

効果に乏しく、トリートメントというには大げさ


市販の安売りリンスと同じか、もしくはそれより低い評価になり得る凡作。


有効な素材などほぼなく、リンスとしては最低限の仕事はしても、トリートメントすることは望むべくもない。

それにしては、高額すぎるし、オススメする点などほとんどない。

コラーゲンやフルーツエキスなど、今や低価格のリンスにも実に良く見る素材であるし、

それが特に有効ということもない。


[PR]

ジェルム(jerm) PROトリートメント の全成分:

水、シクロペンタシロキサン、セタノール、セトリモニウムブロミド、ステアリルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、アモジメチコン、ジメチコノール、ジメチコン、乳酸、エチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるシクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
セトリモニウムブロミドは4級カチオン界面活性剤で、制菌力は優れるが殺菌力は弱い。粘膜刺激性やタンパク変性作用があり、洗い流さない製品には向きません。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
ナツメ果実エキスは保湿、収れん、皮膚細胞活性化作用を有し、リパーゼを活性化することから脂肪の代謝を助ける働きもあります。
ヤグルマギクエキスはヒアルロン酸産生促進作用、女性ホルモン様作用、育毛作用、抗炎症作用、収れん作用。
リンゴ果実エキスは糖類とミネラル類を多く含み、収斂作用、保湿作用を与えます。
セイヨウオトギリソウエキスは抗炎症、創傷治癒、抗酸化、皮膚軟化、浄化作用。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ジェルム(jerm) PROトリートメント