シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アミカルコンディショナー
(アミカルコーポレーション
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アミカルコンディショナー

アミカルコーポレーション


アミカルコンディショナー のオススメレベル

アミカルコンディショナー の解析結果

シリコーン中心の安価な中身


とても安価なコンディショナーで、その中身は「グレースナチュラルシリーズ」と酷似する一品。
効能の中心はパラフィン、ベヘントリモニウムクロリド、オリーブ油、シルクエキスあたりのコンディショニング効果となりますが、
とてもレベルの低い僅かな効能のみで、やや肌にマイルドであることくらいが救い。
とはいえ、積極的にこれを選ぶ理由もなく、
有名どころの製品を選ばれた方が良い結果となるでしょう。
[PR]

アミカルコンディショナー の全成分:

水,ジメチコン,ベヘニルアルコール,グリセリン,パラフィン,ベヘントリモニウムクロリド,クエン酸,ヒドロキシエチルセルロース,イソプロパノール,BG,ラウレス-20,ラウレス-2,パルミチン酸イソプロピル,酢酸トコフェロール,オリーブ油,ステアレス-4,ステアルトリモニウムクロリド,セタノール,褐藻エキス,シルクエキス,エタノール,プロピルパラベン,メチルパラベン,エチルパラベン,ブチルパラベン,香料,赤106,黄5,黄203

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
パルミチン酸イソプロピルはパーム油からパルミチン酸を、イソプロパノール(アルコールの一種)と化合したエステル油。軽い感触でベタつきなく、浸透性、柔軟性が良い油性基剤。
酢酸トコフェロールはα-トコフェロールを酢酸エステル化して得た合成ビタミンE。血流促進効果、抗酸化作用によるシミ、そばかす、肌の老化防止を防ぐ効果。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。

    アミカルコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/1000ml
  • 価格/823円
  • 1mlあたり/0.82円

アミカルコンディショナー の宣伝文,商品説明:

シルクプロテイン、オリーブオイル、海藻エキスを配合したヘアサロン向けリンスです。
髪や地肌にやさしい弱酸性。
指がすべるほどのなめらかなツヤ感をめざします。
さわやかなフローラルフルーティの香り。