シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
あんだんてトリートメント
(あんだんて
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

あんだんてトリートメント

あんだんて


あんだんてトリートメント のオススメレベル

あんだんてトリートメント の解析結果

安全策が印象的な潤滑トリートメント


ノンシリコンで、カチオン界面活性剤も低刺激タイプのわりに滑り改善能がまずまず期待できる点は評価できるでしょう。
防腐剤まわりもかなり気を遣って作られていて、

肌の弱い方、赤ちゃんには嬉しい製品であるでしょう。


毛髪の一定以上のダメージには不向きですが、コンディショナー感覚で使う分には好感度高いと思います。

意外にやるな、と思うでしょう。

[PR]

あんだんてトリートメント の全成分:

水、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ヘキシルデシル、ステアラミドプロピルジメチルアミン、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ラウロイル加水分解シルクナトリウム、ベタイン、ラフィノース、トレハロース、アルギニン、カミツレエキス、オクタン酸アルキル(C14、 15、18)、乳酸、ステアリン酸グリセリル、エタノール、BG、(銅/亜鉛/アンモニニウム)ゼオライト

主な成分の解説をみるベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
イソステアリン酸ヘキシルデシルは皮膚に柔軟性、潤滑性を与え、製品の展延性も高める粘土の低い油性成分です。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ラフィノースはフルクトース、ガラクトース、グルコース分子がグリコシド結合によって連なった構造の糖で、肌のラメラ構造を改善する働きを持つ保湿剤。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。

    あんだんてトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:2
  • 持続性:3
  • 安全性:4
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/250ml
  • 価格/2514円
  • 1mlあたり/10.06円

あんだんてトリートメント の宣伝文,商品説明:

「あんだんてトリートメント」は、髪および頭皮を大切にすることを第一に考え素材の選定にこだわった、髪にやさしいインバスタイプのトリートメントです。アミノ酸、 PPT(たんぱく質を使った補修剤)、糖、脂肪酸エステルを使用し、髪の水分補給を促します。さらっとした感触です。