シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アンシア ハーブ トリートメント
(U.Corporation
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アンシア ハーブ トリートメント

U.Corporation


アンシア ハーブ トリートメント のオススメレベル

アンシア ハーブ トリートメント の解析結果

スムース感のクオリティがわりと高いです。


名称こそハーブを強調していますが、実態としてはわりと質の良いスムース系トリートメントといえる内容です。

ダメージ補修力や持続性、指通り改善は勿論、ビルドアップしづらい補修性を兼ねており、クオリティとしては一段上の仕上がりが期待できる一品でもあります。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマーが強力&繊細にコーティングし、カラーリング毛にも有益なら、
擬似セラミド、アミノ変性シリコーンが保湿を与え、エキス関係の質も比較的高いスキンコンディショニング作用。
しっかり効くわりに、肌にやさしいタイプであることも注目点。
圧倒的なトリートメントではありませんが、日常使いのトリートメントとしてはとても使いやすく、かつコンディションの調整がうまいので最適なデイリーユース品といえるでしょう。
髪のサラサラ感を重視したい方にオススメな製品の1つと言えます。

[PR]

アンシア ハーブ トリートメント の全成分:

水、セタノール、ジメチコン、グリセリン、シクロペンタシロキサン、ステアルトリモニウムブロミド、セトリモニウムクロリド、イソプロパノール、エタノール、加水分解ケラチン(羊毛)、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ポクオタニウム-10、アモジメチコン、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、加水分解シルク、ベタイン、グアイアズレン、コカミドMEA、BG、加水分解ハトムギ種子、チャ葉エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、シャクヤク根エキス、PCA-Na、アルギニン、乳酸Na、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロピン、ヒスチジン、フェニルアラニン、DPG、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
シクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチンはカチオン化されたケラチンで、ダメージ部への吸着性に優れたハリ・コシ改善、指通り向上作用を付与。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマーはシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
グアイアズレンはハマビシ科ユウソウボクの精油から抽出された抗炎症、殺菌作用のある成分。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
ヒキオコシ葉/茎エキスは抗菌、抗男性ホルモン、抗酸化作用、抗炎症作用を付与。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。