シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アンティアンティ ローズリンス
(アンティアンティ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アンティアンティ ローズリンス

アンティアンティ


アンティアンティ ローズリンス のオススメレベル

アンティアンティ ローズリンス の解析結果

天然派リンス。ただし非オススメ。


天然系リンスで優しそうな感じがしますが、
リンスとしてコンディショニング作用はどうか、あまり高いとは言えません。
ぬっとオイルを塗って流す、というだけのあまりいい結果を生みにくいリンスです。
値段に見合うような補修効果を得ることは難しいでしょう。

さらに、ヒマシ油のような肌かぶれの原因になり得る成分を据えている点でもマイナス。
天然原料ならなんでもいい、というわけではない好例か。

[PR]

アンティアンティ ローズリンス の全成分:

水、ミツロウ、ヤシ油、カカオ脂、ヒマシ油、ホホバ油、グリセリン、ヒアルロン酸Na、褐藻エキス、香料(植物精油/ローズ、イランイラン、 バイオレットリーフ、ラベンダー)

主な成分の解説をみるミツロウは、ミツバチの巣の元となるロウを精製。融点が高く、コクを与えながら使用感が良いので保湿成分として用いられます。
ヒマシ油はこのままの形では肌がかぶれるケースが多く、最近の処方ではほとんど配合されることは少ないオイルです。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。

    アンティアンティ ローズリンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1

  • 容量/260ml
  • 価格/3675円
  • 1mlあたり/14.13円

アンティアンティ ローズリンス の宣伝文,商品説明:

髪を柔らかくつややかにするバラ
ローズの花が250輪分入った、贅沢なリンス。
シャンプーの後にお使いください。
洗った後の髪を柔らかくツヤやかにします。